「UFO オヘアの未確認飛行物体」映画感想(ネタバレ/解説)UFOを追い求める男の熱い話

どうもジャケ借りくんです!
今回レビューするのは「UFO オヘアの未確認飛行物体」。
Ufo オヘアの未確認飛行物体 (字幕版)

今までの詳細なあらすじを書くスタイルをやめ、設定の解説をしていくようにしました。ネタバレを含むのでご注意ください。

あらすじ

2017年10月17日。シンシナティ・ノーザンケンタッキー国際空港で、従業員を含む大勢の利用客が謎の飛行物体を目撃する―。同じ頃、名門大学で数理科学を専攻するデレクは、その報道に興味を惹かれるも、目撃者同士の証言の食い違いに違和感を覚えていた。さらに、空港の広報担当によるメディアへの発言が”嘘”であると見抜いた彼は、天才的な数学の知識と型破りな方法で、事件の真相に迫っていくが…。(Amazon)

解説

登場人物

デレク:シンシナティ大学の学生。飛行物体の目撃情報が報道されてから憑りつかれたようにのめりこんでいく。
ヘンドリック:シンシナティ大学の教授。デレクとともに飛行物体の残した信号を解読する。
リー:デレクの友人。

空港の上空に謎の飛行物体

シンシナティ・ノーザンケンタッキー国際空港の上空に謎の飛行物体が現れたとの目撃証言が報告されたことから航空管制業務が一時停止になります。

飛行物体の正体はドローンであったと報道されるが・・・

空港側は謎の飛行物体の正体はドローンであったと発表します。しかし、その報道を聞いたシンシナティ大学の学生、デレクは得意の数学の知識を使い飛行物体がドローンではないと見抜きます。デレクの計算によると飛行物体の直径は27メートルでした。デレクは空港広報に電話をかけそのことを伝えました。

FBIは飛行物体がガルフストリーム IVと発表

FBIは空港上空で目撃された物体が全長27メートルのガルフストリーム IVであると発表します。ガルフストリーム IVとは実在するビジネスジェット機です。

管制塔の音声記録を見つける

デレクは飛行物体発見時の空港管制塔とパイロットとのやりとりが記録された音声を入手します。そして、その音声に飛行物体からの信号が含まれていることに気づきます。デレクは信号を解析し、飛行物体が簡単な算数で意思疎通を図っていると気づきます。その数字は飛行物体が姿を現すまでの日数(6日後)を表していました。

暗号を完全に解読するためヘンドリック教授を頼る

飛行物体の発した信号から次に姿を現すまでの日数を解き明かしたデレク。しかし、どこに現れるかということがまだわかっていません。残りの日数も1日となり追い詰められていたデレクはシンシナティ大学のヘンドリック教授に解読を依頼します。

飛行物体が出現する場所に向かう

デレクはヘンドリック教授の助けを借り飛行物体が現れる座標を解き明かし車でその場に向かいます。予定の時間になり円盤型の飛行物体が現れすぐに消えてしまいます。

FBIにスカウトされるデレク

デレクはその数学的才能をFBIに認められスカウトされ、地球外生命体を探す仕事をすることになります。(ここでエンディング)

感想

未確認飛行物体を追い求める男の熱い物語

空港の上空に謎の飛行物体が現れたという報道を聞いたデレクは憑りつかれたようにその事件にのめりこんでいきます。デレクの事件解明にかける情熱がものすごく、熱い熱いドラマに仕上がっていました。まわりのいろんなことを犠牲にしながらまっすぐに突き進む姿がグッときます。ナタリーに未確認飛行物体を発見することがどれほどの偉業かということを語るシーンや、目撃されたのは飛行機だったと嘘の報道をした空港広報に詰め寄りまくしたてるシーンは特に
良くて感動しました。また忘れてはいけないのは、デレクが暗号解読をヘンドリック教授に頼った際、ヘンドリック教授が「科学者は若いうちが花」と発言することに対して、年をとってから偉業を成し遂げた科学者もたくさんいると説得するシーン。ここも最高に熱くてイイですね。

地に足のついた演出

作りこまれたニュース映像、隠ぺいの仕方など地味ながら地に足の着いた演出が素晴らしく「もし未確認飛行物体が目撃されたら実際にこういう感じかもしれない」というリアリティ重視の演出に感じました。そのおかげで観ている私ももしかしたら本当に宇宙人っているかもなと思いはじめワクワクしてきました。

宇宙人モノとしてみると…

UFOというタイトルから宇宙人モノとしてみると物足りないかもしれません。UFOこそちらっと映るものの宇宙人は一切登場しません。どちらかというとやはり未確認飛行物体を追い求める男の話がメインなのでその点は注意が必要です。

周りに迷惑をかけすぎのデレク?

デレクは未確認飛行物体を見つけることに情熱を注ぎすぎて周りに迷惑をかけます。それほど未確認飛行物体にとりつかれているという演出なのはわかるのでそれほど気にならず見ていました。しかし大学院に進むために勉学に励むナタリーに迷惑をかけておいて、ラストでデレクは就職先を見つける展開はもやもや感が残ります。ナタリーを少しフォローする展開があればすっきり終わったのにと思いました。

総評

かなり楽しめた作品でおススメできます!

「アレシボメッセージ」や「カルダシェフの尺度」などからめた内容も勉強になりました。

良かった点を付け加えておくと映画始まってすぐ空港にあられた飛行物体をみた人が「なんだあれ?」と発言した次のカットでそのアンサーとしてタイトルの「UFO」が出る演出も粋でいいですね。

評価は10/10としました。

作品情報

UFO オヘアの未確認飛行物体
監督:ライアン・エスリンガー
キャスト:
アレックス・シャープ
ジリアン・アンダーソン
エラ・パーネル
デビッド・ストラザーン
ベンジャミン・ビーティ
原題:UFO
製作年:2018年
製作国:アメリカ
参考サイト:映画.com

ゲオ宅配レンタル



【Amazon.co.jp限定】マーベル アウターケース付き全13巻セット [Blu-ray](期間限定商品)
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 (2018-12-11)
売り上げランキング: 11,653

コメント