「ラスト・エスケイプ」映画感想(ネタバレ)精鋭部隊VSテロ組織

ラスト・エスケイプ [DVD]
ラスト・エスケイプ [DVD]

「ラスト・エスケイプ」は2018年のトルコ製アクション映画。

結末までのネタバレを含むのでご注意ください。

作品情報

監督:オヌール・イジット

キャスト
セルダール・アタカン
エスラ・エルデン・アタカン
フェルカン・ベイ
セラハティン・ベル
ハティス・カリット
エルカン・デュルムス

原題:Tim

製作年:2018年

製作国:トルコ

上映時間:93分

感想

※結末までのネタバレを含むのでご注意ください

淡白な演出が目立つものの銃撃シーン多めなので飽きることはない…のか?!

“T.i.M”のコードネームを持つ、トルコ軍特殊部隊。ISIS[イスラム国]の捕虜になっているトルコ大使救出の指令を受け、5名の隊員たちはイラクの山岳地帯に潜入。だがそこは、残虐なイスラム過激派軍が支配するこの世の地獄だった。3,000人とも言われるテロリスト集団をたった5人で制圧しなければならない…。そして、テロ集団は並行してもう一つの攻撃を実行に移していた。それは、イスタンブールの平和集会を標的にした自爆テロ作戦だった…。

あまりにもあっさりし過ぎ

まずは本作の一番の見どころである銃撃戦ですが、盛り上げる演出が足らないというか淡白というか…。とにかくあっさりしすぎなところが目立ちます。そのそっけなさが逆にリアルなのか?とも思いましたが、リアル路線で行くんだったらもう少し弾着等の特殊効果を頑張ってほしかったところです。

銃撃戦以外にもあっさりしすぎな演出が多くあります。たとえば、密偵が見つかって殺されるシーン。敵側にすでに密偵を送り込んでおりその人物から情報提供を受けているという話が出てきます。この密偵が敵に見つかり殺されるシーンがあるのですが、密偵が敵に見つかったシーンがしっかりと描かれないので、いつの間にか見つかりいつの間にか殺された感が強いです。また。テロ組織の一人デイビッツのキャラ描写もあっさりし過ぎかなあ、と。敵の「ナンバー2」的な男で、もうひとりいる「ナンバー2」が任務をうまくこなしたのに対し、この男はヘマをしてしまいボスに叱責されてしまいます。ボスとの確執からこのキャラが暴走したりして場をかき回す展開があるのかと思いきや何もなく死んでしまいます。ほかには、主人公側の部隊が建物にいたところ敵にロケランを撃ち込まれてしまい何人か死んでしまったかと思いきや死者はゼロ…。意識不明になったキャラがひとりいますが、そのキャラが病院のベッド寝ているシーンが始まったかと思うとすぐに目覚め、おおごとになった感が全然ありません。ほかのキャラにいたっては首が痛てぇ…と軽く寝違えた程度。拉致された大使の居場所を突き止める展開も、敵の犯行声明映像に映った大使がハンドサインで座標を密かに伝えており、あっさりと居所が判明。ほかの映画でこういう場面が出てくるとしたら、大使のハンドサインをじっくりとみせ、それが何を示しているのかを話し合ったうえで、どうやら座標のようだ!という丁寧なカットの積み重ねで見せていたはず…。大使がハンドサインをしている⇒どうやら座標らしい、という居所を発見するプロセスがあまりにも早く簡単に済まされてしまうのは興ざめです。

全体として「あっさりとした」映画ではありますが、それも90分という上映時間を考えるとまぁこれぐらいのテンポ感でもしょうがないかなという感じですね。これぐらいの尺のジャンル映画としては精鋭部隊のメンバー同士の絆を丁寧に入れ込み、印象に残るキャラにしてあるのはエライと思います。頻繁に銃撃戦が起こるので、退屈する時間はそこまで長くないですしね…。

よく考えるとトルコ映画自体見るのは初めてかもしれません。そのため人々の暮らし、風景、建物など新鮮さがありそういう部分は素直に楽しめました。

総評

あまりにもあっさりとしすぎた映画ですが銃撃戦が多めなので退屈する時間は少なめ。旧作か動画見放題サービスに含まれていたという場合に観るのがオススメです。これより出来のいいミリタリー系アクション映画はごまんとあるので…。ちなみにジャケットをよく見ると戦闘機や戦車が写っていますが実際には出てきません(笑)というわけで評価は5/10としました。

ストーリー紹介

テロ組織と精鋭部隊の戦い

テロリストによる襲撃を受けトルコ軍人16名が死亡…。トルコ政府はTIMと呼ばれる精鋭部隊を極秘に結成し、テロを指揮する人物の暗殺作戦にうってでます。

TIMのリーダーに選ばれたのはセルダル中尉。彼は部下たちを率いて、ある広場で開かれる平和集会で実行される予定だった自爆テロを未然に防ぎます。

同じころ、モスクを訪れていたトルコ大使がテロ組織のヤセフという男に連れ去られてしまいます。ヤセフは犯行声明を撮影した映像をインターネット上に公開。その映像に映っていた大使がひそかに座標のヒントを出しており、居場所を特定することに成功。

TIMは大使を奪還すべく現地へと向かいます。そして、大勢の兵士たちとの銃撃戦の末、無事大使を救出します。しかし、その後車で移動中のところをテロ組織の兵士に襲われてしまいます。銃撃戦になる中、セルダルはテロ組織のボス(ローレンス)を発見し殺します。

その頃、テロ組織の首謀者のもとにローレンスが死亡したとの知らせが届きました。首謀者は「橋を封鎖しろ」と部下に新たなテロの指示を出します。

TIMのメンバーが家に集まり楽しくパーティをしている最中、テレビではトルコ軍人によるクーデターが起こりふたつの橋が封鎖されたというニュースが流れます。セルダルのもとに次官から出動要請と思われる電話がかかってきました。

おわり


参考サイト:映画.com/Amazon

ブレイブ・ロード 名もなき英雄(字幕版)
(2019-08-02)
売り上げランキング: 13,732
ヘルケバブ ~悪魔の肉肉パーティー~(字幕版)
(2018-02-02)
売り上げランキング: 39,466

コメント