「ザ・マミー 呪われた砂漠の王女」映画感想(ネタバレあり)

ザ・マミー 呪われた砂漠の王女を劇場で観てきました!1932年の映画『ミイラ再生』をリブートした作品であり、フランケンシュタインやドラキュラなどのモンスターがクロスオーバーする「ダークユニバース」の第1作目。

ザ・マミー 呪われた砂漠の王女、一言でいうとアクション満載で面白かったです!

あらすじ
灼熱の太陽が降り注ぐ現代の中東で、米軍関係者のニック(トム・クルーズ)と考古学者のジェニー(アナベル・ウォーリス)は謎の地下空洞に隠された巨大な棺を発見。調査のため棺をイギリスに輸送するが、想定外の事態により飛行機はロンドン郊外へ墜落。即死であったはずのニックはなぜか無傷のまま遺体安置所で目を覚まし、脳裏に浮かぶ美しい女性の言葉に導かれるように、棺の行方を捜す。
その棺に眠っていたのは、5000年前にファラオから裏切られ、復讐のために邪悪なモンスターと化すが、封印された古代エジプト王女アマネットであった。そして彼女は、ついに永い眠りから目覚めようとしていた―。

アクションシーンが満載で楽しい
序盤の派手なドンパチシーンから始まって全編がアクションシーンで埋め尽くされていてとにかく楽しいです!森の中を車でアマネットから逃げるシーンや特に飛行機の墜落シーンの迫力がものすごく映画館で観ることができてよかったです。ニック(トム)の攻撃がミイラの体を貫通する笑えて気持ちいいシーンなどバリエーション豊かでとにかく飽きません。

王女アマネットの魅力
今回の敵キャラ「アマネット」がとにかくいいです!
ニック(トム)に迫るアマネット、ミイラ状態から人間の生気を吸ってだんだんと肉付きがよくなるアマネット…たまりません!!!
今作はアマネットの魅力が映画の面白さにかなり貢献していると思います。
一方で、アマネットがちゃんと怖い存在であるのもよかったです。逃げても逃げてもが突然目の前に現れる場面なんかはホラー的でドキドキしました。

トムとジェニーのやりあいがたのしい
ニック(トム・クルーズ)とヒロインであるジェニー(アナベル)は仲があまりよくなく、彼らのケンカに近い(?)やり取りが続くのですが、彼らの醸し出すユーモアが最高です。ニックがアマネットに木の棒一つで立ち向かいふっ飛ばされるときののジェニーの目線には爆笑しました。

続き物ゆえの未消化感
もちろん1本の作品として完結していますが、次作に引っ張った終わり方をしているのでエンターテインメントとして突き抜けた感じで終わってくれないのが不満点でした。

というわけでおすすめ度8/10!

スポンサーリンク

コメント