「ザ・プール」映画感想(ネタバレ)プールに取り残されたカップルのサバイバル

THE POOLザ・プール(字幕版)
THE POOLザ・プール(字幕版)

「ザ・プール」は2018年のタイ製スリラー映画。

結末までのネタバレを含むのでご注意ください。

作品情報

監督:ピング・ランプラプレング

キャスト
ティラデート・ウォンプアパン
ラットナモン・ラットチラタム

原題:The Pool

製作年:2018年

製作国:タイ

上映時間:90分

感想

隙のある脚本だがそこを友人等とあれこれ言いあいながらながら楽しむと盛り上がりそうな映画です。

アートディレクターのデイは、プールでの撮影後、水に浮かべたエアマットの上で眠っていた。目覚めると水が抜け始めており、ひとりでは上がれなくなってしまい…。

超オススメのプールワニスリラー映画

※【重要なネタバレなしの感想】とその後【重要なネタバレを含む感想】が続きます。

過剰な演出や気になるところがあるものの、基本的にめちゃくちゃ楽しく観ることができました。水深6メートルのプールから上がれなくなったカップルのサバイバルを描いたソリッドシチュエーションスリラーです。空腹やワニと戦いつつなんとか助かる方法を探していきます。プールの水が抜けていってることを知りながら浮き輪を浮かべのんきに眠り込んでしまった主人公のデイ。目が覚めた時にはすでに水はかなり抜け手を伸ばしてもプールから上がれなくなってしまっていました。まず、この序盤のシーンが超イイ。プールの壁に必死にしがみつき手の爪がはがれるとか、プールサイドにあるiPhoneを何とか取ろうとひもと眼鏡を使ってみるとか…。このiPhoneのシーンは特にハラハラして良かったですね。電話がかかってきてバイブ機能により徐々にプールの方へ向かっておりこのままうまくキャッチできそうだ…、一方でプールサイドにいる犬が足を滑らせプールに落ちそうに…どっちを取る?!という緊迫感のあるシーンです。結局犬の命の方をとりiPhoneはプールに落ち故障…。このiPhoneが防水だったら話ここで終わってたな?と野暮な考えも浮かびつつ手に汗握る名シーンでした。ただ、このシーンが良かっただけに冒頭にある水が完全に抜けたプールでワニと主人公が対峙するシーンいらなくないか?この対峙シーン、途中のド派手な場面を掴みとして冒頭に持ってくるというよくある編集ですが、このシーンを先に見せられることで主人公がプールから上がれなかったという結果を事前に知ってしまうわけです。その後、まだ水が残っている状態のプールから出られるかという場面を見せられても「いや、結果は知ってるから」と少し冷めた状態で観てしまうわけです。基本テンポよく話が進み盛り上がる展開がすぐやってくるんだから序盤の掴みがなくても十分だったと思うんですけどね。


重要なネタバレあり※『クロール -凶暴領域-』のネタバレも少し含みます


ツッコミどころというかイラッと来るところもある映画です。プールに人がやって来てたけど、その時主人公は別の場所にいてその人は気づかずどこかへ行ってしまうという展開が序盤と終盤に1回ずつあり、一回目はまだいいとして2回目は流石にフラストレーションがたまってきました。この展開を2回もやられるとさすがに…ね。不自然だし。同じくワニに襲われるソリッドシチュエーションスリラー『クロール -凶暴領域-』でも人がやってきて助かりそうという展開が二回ありますが、そちらの方は助けに来た人間がワニに食べられてしまうという自然な展開になっており納得感もありますし、なにより「ワニに食べられるという見せ場」を作れるので二度おいしいわけです。本作『ザ・プール』もワニをもっと多めに出し、たまたまやってきた人間を無残に食べ散らかす展開があれば個人的な評価はもっと高めでした。

と、少しマイナス面も書きましたが、本作は印象的なシーンも多く大いに楽しませてくれる作品です。風によって有刺鉄線がプールに垂れてきてそれを伝って登ろうとする超絶痛そうなシーンとか。もうここまでやったらこの辺で助かってエンディングに行ってもいいレベルのシーンだと感じましたが、ここで終わらせないのが憎いあたりですね。あと、プールの底にあるマンホールから水路を伝い外へ出られた・・・と思ったら隣のプールだったというシーン。ここは特に、水の抜けた壁の高いプールがふたつ並んでいる絵面のインパクトが大きくとてもいいです。あとは当然、ワニとの格闘も見ごたえがありますし主人公の恋人が大雨のせいでおぼれそうになる終盤のシーンもベタながらドキドキします。

このようにいくつもの見せ場が用意されたかなり面白い映画ですが、一番印象的なのは主人公がプールから上がり助かる方法でしょう。プールサイドに鎖でつないでいた犬がプールにジャンプし首つり状態になり、プールに垂れ下がったその死体を掴みよじ登るというもの。犬の首つりを見せられるとは…。これはなかなかきついものがあります。余談ですが、個人的に本作に限らず犬が出てくる映画では人間よりも犬の安全が心配になってきます。本作も主人公カップルのサバイバルよりもどちらかというとあまりカメラに映されない犬のほうが気になって仕方がない。この監督はその辺の人間の心理も踏まえたうえであのようなオチにしたのでしょうか。正直結構なショックを受けてしまいました。あとで観返すと序盤にある犬が首つり状態になりかける場面がこのラストを不吉に暗示しており、なかなか周到な脚本だと感動しました。さらにいうと序盤にあるわざとらしいセットアップのシーンが犬首つりの隠れ蓑だとしたらこの監督なかなかやるおるな…と思ったりもしました。序盤で主人公の友人がガムテープをプールに投げ込んだり、インスリンの注射器がプールのぎりぎりの位置に置かれたりと、あとで「これが必要になる展開があるんだろうな」と見え見えの超わざとらしい一連のシーンがあって笑ってしまったのですが、これらのアイテムに意識を向けて実は一番重要な“アイテム”である犬をそうとは気づかれないように配置していたとしたら…。少し考えすぎかもしれませんが、本当だとするとこの監督腕があるなと思ったわけです。

総評

過剰な演出含め、とても楽しい90分間でした。友人たちとあれこれ突っ込みながらゲラゲラ笑い鑑賞するともっと楽しめると思います。というわけで評価は9/10としました。

ストーリー紹介

あるプールで撮影が行われあと、片付けのためそのプールの栓が外され水が抜けていきます。

そのプールに入った撮影スタッフのデイとその恋人のコイはちょっとしたミスにより、そのプールから上がれなくなり、やがて、水は完全になくなってしまいました…。こうしてふたりはプールに取り残されてしまったのでした。さらにふたりに追い打ちをかけるかのようにどこからか脱出してきたと思われるワニがプールに現れます…。

彼らは、ワニと対峙しつつ、プールサイドに残した飼い犬のラッキーに手を貸してもらいながら、何とかプールから這い上がろうと手を尽くします。

そして、ふたりがプールに取り残されてから7日目。コイはワニに襲われないようプールのマンホールから別の空間に避難していましたが、大雨のせいでそこに水が溜まっていきます。やがて、息ができないほど水かさが増し、最後の力を振り絞り首からぶら下げていた笛を吹きます。すると、その音を聞いたデイの犬(ラッキー)がプールサイドからプールに飛び込んでしまいます。ラッキーは撮影用に訓練されており笛の音を聞いたことで反射的にジャンプしてしまったのでした。ラッキーは鎖でつながれていたため首つり状態になりやがて死亡してしまいます。デイはワニを倒し、プールに垂れ下がったラッキーにぶら下がりプールから脱出に成功。溺れかけているコイを無事助け出しました。

おわり

参考サイト:映画.com/Amazon


コメント