「リビング・デッドサバイバー」映画感想(ネタバレ/結末)孤独感と戦う主人公

どうもジャケ借りくんです!
今回レビューするのは「リビング・デッドサバイバー」。
結末までのネタバレを含むのでご注意ください。

作品情報

監督:ドミニク・ロッシャー
キャスト:アンデルシュ・ダニエルセン・リー、ゴルシフテ・ファラハニ、ドニ・ラバン
原題:The Night Eats the World
製作年:2018年
製作国:フランス
上映時間:93分
参考サイト:映画.com

感想

まず、ジャケットから主人公があちこち移動し、ゾンビとバリバリ戦う映画という印象がありますが、実際の内容は全然違います。(後程紹介します)

感想としては、孤独と戦う主人公にグッと来る映画で、地味目な作品ですがそこそこ楽しめました。点数は7/10です。

そう。この映画はゾンビとの戦いというよりは、孤独との戦いを描いた映画です。

ある日、主人公がマンション内で目覚めると屋外はゾンビだらけになってしまっていた。マンションでひとりきりのサバイバルが始まる…というお話。

ゾンビ映画でよくある、ほかの生存者を探すためリスクを冒し、ゾンビがうろつく場所を移動したりといったことは考えず、水や食料が十分あるからとひたすらマンションに引きこもります。そして日が経つごとに孤独感が増していき、なんとか気を紛らわせようと楽器を演奏したりしていく様子がかなりの尺で続きます。孤独感のあまり外にいる猫を見つけ家に連れ帰ろうと外へ出る場面は結構グッとくるものがありました。終盤、いよいよ待望の人間がマンションにやってくるわけですが、なんと主人公はゾンビと勘違いし撃ち殺してしまいます。そのことを受け止めきれない主人公は殺してしまった人物と生活を共にする妄想をします。このシーンの悲壮感はなかなかのもので、僕自身もものすごく気持ちが沈んでしまいました…。

ワンシチュエーションものなので低予算映画かとは思いますが、外の荒れ果てた様子やゾンビのゴア表現含めた特殊メイクなどかなり気合が入っており安っぽい感じは全くありません。散弾銃の弾痕がいくつもあるお腹の気持ち悪さはとくに印象に残っています。

基本、地味目な展開が続くので集中力が切れる場面も少しありました。もう少しスリリングな場面があれば、、、と思いましたが、そうすると静かで独特な雰囲気が崩れてしまいそうですね。

あらすじ

サムは元恋人から私物を返してもらうためにマンションで開かれたパーティに参加した。彼は私物を探している最中に睡魔に襲われ寝てしまった。翌朝、起きると建物に人の気配はなく、元恋人はゾンビになってしまっていた。屋外にも多数のゾンビが徘徊している。

続きを読む

サムは建物を締め切ってから部屋を回り、食料や使えそうな品を物色していていく。サムのひとりきりのサバイバル生活が始まった。

一人での生活を長く続けるうち孤独感に襲われるようになっていったサム。楽器の演奏などさまざまな暇つぶしで孤独感と戦っていた。ある日、屋外にいる猫を発見。サムは家に連れ帰ろうと外へ出るがゾンビに見つかり、襲われてしまう。ゾンビを振り切りマンションに逃げ帰るが足に引っかかれたような跡を発見する。散弾銃を自分の喉もとに構え、自殺しようとするが決心がつかずそのまま眠ってしまった。暴発した散弾銃の音で目を覚ましたサム。ゾンビになっていないとわかり奇妙な笑い声をあげた。

ある夜、部屋で寝ていたサムは物音で目を覚ます。ゾンビがやってきたと思い、ドアに向けて散弾銃を一発撃った。ドアの向こう側にはゾンビではなく人間の女性が苦しそうに倒れていた。サムは女性、サラの腹から散弾銃の弾を取り除いていく。

サラは一命をとりとめていた。サムとサラはともに生活を送ることになった。彼女は今いるマンションから脱出すべきというがサムはこのまま残るべきだと主張した。意見が食い違い、彼女は部屋にこもってしまう。サムはドア越しに謝る。そこでふと我に返ったサム。サラは銃弾を受けたあと死亡していた。サラとの生活はサムの頭の中の妄想であった・・・。

サムは自作の音楽が入ったテープを風呂に入れ燃やす。大きな音で火災報知機の音が鳴り響き、それを聞きつけたゾンビが雪崩れ込んでくる。サムは屋上へと逃げかぎ爪のついたロープを使い、向かいの建物へ飛び移った。

サムの孤独なサバイバルが新たに始まった。

おわり

まとめ

孤独感と戦う主人公の姿がグッとくる映画でなかなか良かったです。主人公はひたすらマンションに籠城するわけですが、もし自分が同じ状況になったらどういう行動をとるだろうと考えるのも楽しいです。

ゲオ宅配レンタル

リビング・デッド サバイバー(字幕版)
(2018-08-02)
売り上げランキング: 19,129

コメント