「サスペリア(2018)」映画感想(ネタバレ)禍々しい映像が最高

サスペリア [DVD]
サスペリア [DVD]

「サスペリア(2018)」は2018年のイタリア・アメリカ合作ホラー映画。監督は「君の名前で僕を呼んで」のルカ・グァダニーノ。主演のスージーを演じたのは「フィフティ・シェイズ」シリーズのダコタ・ジョンソン。マダム・ブラン、クレンペラー、マザー・マルコスの3役を演じたのは、「ナルニア国物語」シリーズ、「ドクターストレンジ」のティルダ・スウィントン。

結末までのネタバレを含むのでご注意ください。

作品情報

監督:ルカ・グァダニーノ

キャスト
ダコタ・ジョンソン
ティルダ・スウィントン
ミア・ゴス
クロエ・グレース・モレッツ
ルッツ・エバースドルフ

原題:Suspiria

製作年:2018年

製作国:イタリア・アメリカ合作

配給:ギャガ

上映時間:152分

感想

※結末までのネタバレを含むのでご注意ください

圧巻の映像が素晴らしく、結構楽しめた作品です。

1977年、ベルリンを拠点とする世界的に有名な<マルコス舞踏団>に入団するため、スージー・バニヨンは夢と希望を胸にボストンからやってきた。初のオーディションでカリスマ振付師マダム・ブランの目に留まり、すぐに重要な演目のセンターに抜擢される。そんな中、マダム・ブラン直々のレッスンを続ける彼女のまわりで不可解な出来事が頻発、ダンサーが次々と失踪を遂げる。一方、心理療法士クレンペラー博士は、患者であった若きダンサーの行方を捜すうち、舞踏団の闇に近づいていく。やがて、舞踏団に隠された恐ろしい秘密が明らかになり、スージーの身にも危険が及んでいた―。

スポンサーリンク

まず初めに個人的なことを話しておくと、本シリーズのファンというわけではなく、鑑賞済みなのも1977年の1作目と本作のみです。さらに言うと、1977年版も今作を観るにあたって一応観ておくか思い鑑賞した、にわかにもほどがある人間であります。というわけで、本作が1977年版と比較してどうこうという話はできませんのでご了承ください。せっかくなので1977年版の感想を書いておくと、恐ろしい独特な音楽が恐怖感を煽りかなり面白かったです。全編にわたって印象的な音楽が流れるわけですが、人のうめき声を効果的にBGMに使っており、それがただただ怖い。ホラー映画としてかなりおすすめな映画です!

さて、本作の話に入ります。

1977年版の印象的な音楽はありませんが、本作は禍々しい映像が満載でこれまた楽しい一作でした!まず、ジャケットなどにも使われているように公演での舞踏シーンが独特でクセになります。衣装、メイク、ダンスの動きといった要素が妖艶で最高に魅力的です。これは口で説明しづらい要素なので実際に観てもらうしかありませんが・・・。その後もまた違った舞踏シーンがありますがこちらはもっとヤバめな雰囲気で見てはいけないものを目撃してしまったとゾッとする怖さがありました。舞踏シーンは主人公(スージー)ほかダンサーたちが練習をしている場面でも見ることができます。スージーを演じたダコタ・ジョンソンのダンススキルが素晴らしくいつまでも見ていたいと思ってしまいます。

禍々しい映像といえば、グロ描写を忘れるわけにはいきません。舞踏団の秘密を叫びながらやめていこうとしたダンサーがその罰として、スージーのダンスの動きに合わせ体が動いてしまうという場面はドン引きレベルにグロイです。手足が変な方向に曲がるのはもちろん、特にキツイのが顔の変形ですね。容赦のない描写が本当に素晴らしいです。ここだけでも本作を観てよかったと思えるほどです。グロシーンはほかにも各所に用意されており、かなりの満足感がありました。

スポンサーリンク

総評

152分というなかなかの長尺ですが、全然飽きることなく鑑賞ができました。1977年のリメイク作としての評価はできませんが、一本の映画としてかなり面白いです。というわけで評価は10/10としました。

ストーリー紹介

登場人物

スージー:マルコス舞踏団に入団するためアメリカからベルリンにやってきた女性

マダム・ブラン:マルコス舞踏団に所属するコーチで、スージーの才能を買い熱心に指導する。

マザー・マルコス:マルコス舞踏団の最高位にいる女性。

舞踏団に入ることになったアメリカ人女性

1977年、ベルリンを拠点とするマルコス舞踏団に入団するため、スージーはアメリカからベルリンまでやってきました。オーディションを受けたスージーは、ダンスを見ていたマダム・ブランから才能を見出され次回の公演で主役を演じることが決定。ほかのダンサーや指導者、その他スタッフたちと共同生活をしながらダンスのスキルを磨いていきます。

不可解な出来事

マルコス舞踏団はよからぬ噂がありました。以前、マルコス舞踏団に所属していたダンサー(パトリシア)が失踪したのは舞踏団が何らかの関与をしているのではないかというものです。さらに、スージーが入団した後にも、舞踏団を辞めようとしたダンサーが行方不明になるといった事態が続きます。公演当日を迎えますが、不可解なトラブルが続発し、途中で中止になってしまいます・・・。

儀式の目的

後日、舞踏団の施設内の大広間である儀式が行われていました。その儀式は、舞踏団の最高位である年老いた魔女(マザー・マルコス)を新しい体に移し替えるためのものでした。舞踏団に属する指導者、スタッフたちも実は魔女だったのです。マルコスの器となる人物、スージーがその場にやってきました。いよいよスージーへの体の移し替えが行われようとしたその時、マダム・ブランがなにか異変に気づき儀式を中止させようとします。それに対し、マルコスはブランの体を魔術で切りつけ動けなくしてしまいます。そして、マルコスは「私を受け入れるのならば、お前を生んだ母の息の根を止めなければならない」とスージーに詰め寄ります。すると、どこからともなく黒色の化け物が現れ、マルコスやマルコスを信奉する魔女たちを次々と殺していきます。その化け物を操っているのはスージーです。彼女は“三人の魔女”のひとりマザー・サスピリオルムだったのです。スージーは儀式に参加させられていたダンサーたちに願いを聞いて回ります。ダンサーたちは口をそろえて「死にたい」といいます。スージーはその儀式から解放するかのようにひとりずつ息の根を止めていきました。

おわり

スポンサーリンク

参考サイト:映画.com/Amazon

ゲオ宅配レンタル

別冊映画秘宝サスペリア マガジン (洋泉社MOOK 別冊映画秘宝)
洋泉社 (2019-01-18)
売り上げランキング: 20,692

コメント