「ミッシング・レポート」映画感想(ネタバレ)疑いの目を向けられた主人公

ミッシング・レポート(字幕版)
ミッシング・レポート(字幕版)

「ミッシング・レポート」は2018年のアメリカ製サスペンス映画。監督はテレビのミニドラマ「Life in Squares(日本未公開)」のサイモン・カイザー。主演は「メメント」「L.A.コンフィデンシャル」のガイ・ピアース。共演は「007」シリーズのピアース・ブロスナン。

結末までのネタバレを含むのでご注意ください。

作品情報

監督:サイモン・カイザー

キャスト
ガイ・ピアース
ピアース・ブロスナン
ミニー・ドライバー
ジェイミー・ケネディ
アレクサンドラ・シップ

原題:Spinning Man

製作年:2018年

製作国:アメリカ

上映時間:100分

感想

※結末までのネタバレを含むのでご注意ください

途中までは面白いけど終盤で失速してしまった映画でした。

大学で哲学を教えているエヴァンは妻と二人の子供たちと何不自由なく幸せに暮らしていた。ところがある日、一人の女子学生が失踪し、エヴァンの車が失踪現場近くで目撃されたという情報から、刑事がエヴァンに疑いの目を向け始め平穏な生活は一変してしまう。

信頼できない主人公

ある少女の失踪事件に関与しているのではないかと主人公(エヴァン)が疑われ警察による捜査が行われていくという話です。本作の特徴は失踪した日の主人公の行動を観客にも見せない点ですね。主人公の視点で話が語られながらも、彼自身が謎を抱えておりそれを紐解いていく構成。最初は「自分はやっていない」と言い続ける主人公ですが、失踪した少女の髪が主人公の車の中で見つかったりと、次第に観客は「こいつがやったのか?」と主人公をだんだんと疑うようになっていきます。曲がりなりにも一番感情移入しているキャラのことを信用できなくなるということが本作の一番の面白い部分だと感じます。観ているうちに早く事の真相を明らかにしてくれと強く思うようになり、実際に真相があかされるまではワクワクしながら観ることができました。ただ、それ以降の彼の妻との話は正直退屈に感じてしまいました。

スポンサーリンク

なぜ主人公は現実と想像を混同してしまい何が事実かわからなくなるのか?という部分がもう少しわかりやすくしてくれたらよかったですね。イケてる若い女性を見てはアッチの妄想をしているシーンがあるので、「妄想癖のせい」なのか、彼の妻が言うように多くの人数と不倫をしているために、「そういう経験が多すぎてひとつずつの記憶が薄まっている」のか。そのあたりをもう少し丁寧に描いてほしかったところです。

役者は主人公を演じたガイ・ピアースはもちろん、ピアース・ブロスナンの終始落ち着いたトーンの演技が最高に良かったですね。彼のおかげで作品全体がクールなトーンに保たれていて個人的にかなりポイント高いです。

総評

主人公の抱える謎を解き明かしていくタイプのお話で、ほぼ興味が薄れることなく観ることができました。ラストあたりで若干失速した感はありますが…。というわけで評価は7/10としました。

ストーリー紹介

登場人物

エヴァン:大学教授の男性。

エレン:エヴァンの妻。

ジョイス:ある日湖で突然失踪した17歳の少女。

マロイ:ある少女の失踪事件を捜査することになった刑事。

スポンサーリンク

大学教授の男性

大学教授のエヴァンは妻(エレン)と2人の子供と幸せで平穏な日々を過ごしていました。そんなある日、湖で17歳の少女(ジョイス)が行方不明になり、同じ日にエヴァンの車がその湖で目撃されていたことから彼に疑いがかかり警察の捜査の対象になってしまいます。その事件を担当するマロイ刑事によって何度も聴取を受けますが、エヴァンは自分は無実だと訴え続けます。

少女の死体が発見される

ジョイスの遺体が湖の中で見つかり検視が始まりました。その結果次第でエヴァンが起訴されるかどうかが決まります。エヴァンが死亡事件にかかわっているかもしれないという話は世間に知れ渡りイメージが損なわれることを恐れた大学側はエヴァンを解雇してしまいました。今回の事件やエヴァンとの結婚生活に翻弄され続けてきた妻(エレン)は怒りが爆発し、エヴァンと大喧嘩になってしまいます。

事件の真相

エヴァンはマロイ刑事の元を訪れました。彼は以前から記憶があいまいになるときがあると話し出します。自分の教え子と関係を持った時の記憶も二通りあり、どちらが事実かはっきりとわからないと言います。そして、ジョイスと湖で会い、殺してしまったかもしれないと自供しました。それを受けてマロイ刑事は検視結果を見せ、あなたは殺していないとエヴァンの話を否定しました。ジョイスは崖から誤って落ちただけだったのです。

エレンと話し合いをする

自宅に帰ったエヴァンはエレンと結婚生活について話し合いました。「長年黙っていた秘密を教えて」と言われたエヴァンは不倫相手の教え子からの手紙を取り出しエレンに渡します。するとエレンはその手紙をやぶり、(自分の口で)“真実”を話してとエヴァンに告げその場から去っていきました。エヴァンはその手紙を一度も読むことなく燃やしてしまいます。

おわり

参考サイト:映画.com/Amazon

メメント [Blu-ray]

メメント [Blu-ray]

posted with amazlet at 19.08.05
アミューズソフトエンタテインメント (2010-12-22)
売り上げランキング: 9,328
L.A.コンフィデンシャル 製作20周年記念版 [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2017-11-22)
売り上げランキング: 5,974

コメント