2月リリースの観たい映画を紹介!

気づいたら2月の3分の1が過ぎていますが、気にせず2月の見たい映画紹介いってみましょう!

2月3日リリース

ファナティック ハリウッドの狂愛者

ハリウッド大通りでパフォーマーをしながら日銭を稼ぐムースは大の映画オタク。人気俳優、ハンター・ダンバーの熱狂的なファンである彼は、参加したサイン会でダンバーに冷たくあしらわれ…。

映画オタクが主人公である点、ジョン・トラボルタの髪型とかが最高で、見るしかねぇ!

ブリード・キャンプ 家畜収容所

ミアは夫・トマスが若い妊婦を誘拐、監禁し、人間を若返らせる実験に利用していることを知る。収容施設に監禁された彼女は、焼き印を押され、番号で呼ばれ、家畜として扱われることに。

家畜収容所というタイトルがいいですね。人間が家畜のように扱われている設定を聞くと、「ザ・ファーム 恐怖の食物連鎖」を思い出したりもしますが・・・。

ウィッシュ・ルーム

N.Yから田舎に移住した若い夫婦は、新居で願ったものが何でも手に入る奇妙な隠し部屋を見つける。やがてふたりは贅沢に明け暮れ、子どもを切望する妻・ケイトはその願いを叶えるが…。

願ったものがなんでも手に入る部屋というコンセプトが面白そう。

レフト -恐怖物件-

互いに不信感を募らせるテオとスザンナの夫婦は、子どもと共に田舎の一軒家で休暇を過ごすことに。やがて不可思議な出来事が起こり始め、彼らは古い地下室を発見するが…。

ジャケットのケヴィンベーコンの表情が最高に面白い。

スカイ・ミッション

ジャンボジェット機内で開かれる闇カジノに潜入したプロの泥棒・ジャック。しかしそこは、世界中の危険な犯罪者たちが集まる戦場だった。

航空パニック系・・・とはまた違う感じですかね。グランドホテル形式の映画が好きなのでそこを期待しているんですが。

トレマーズ 地獄島

遺伝子操作されたモンスターが、ハンティングの獲物として島に持ち込まれる。研究所の責任者は最強のグラボイドハンター・バートを呼び寄せようとするが、彼はやる気を失い引退していた。

「トレマーズ」シリーズの7作目とのこと。1作目は幼少期に繰り返し見て非常に愛着のある作品ですがそれ以降は2,3作目あたりまで観たような見てないようなという記憶がある・・・という程度。ディープブルーシリーズを最新作リリースタイミングで一気見してレビューしたのは結構面白い体験だったのでこちらもそれをやろうかと思ったりしてますがさすがに7作は・・・。暇があればやってみたいですね。

2月5日リリース

1/8 -ハチブンノイチ-

人類の多くが死に絶え、壊滅し始めた近未来の地球。無人島を舞台にしたリアリティショーに参加することになった8人の男女は、いつしか生死を懸けたバトルロイヤルを行うことに。

なんか要素てんこ盛りだな、おい。近未来SFにリアリティショーにバトルロイヤル、と。これはなかなか面白そうだ!

2月10日リリース

デーモンズ・ゲート 冥界への扉

幼いころ母を亡くしたアレックスは、「幽体離脱で死者と交信ができる」という理論があること知る。彼は幽体離脱に成功するが、目の前に現れたのは煙のような黒い影だった。やがてその影は恐ろしい姿に変わり…。

幽体離脱の実際の研究と体験に基づく多次元ホラー、と紹介文にあってそこに惹かれました。心霊ホラーの中でも科学的見地から描かれる作品って好きなんですよね。ジャケットも禍々しくていい感じです。

ウィジャ・シャーク/霊界サメ大戦

旅行先のビーチで霊界と現世を繋ぐ魔のアイテム・ウィジャ盤を拾ったジルは、ウィジャ盤の魔力により霊界から凶暴な人喰いザメを召喚してしまい…。

「ディープブルー」シリーズ一気見から始まり、海底47mとか、ロストバケーションとか面白いサメ映画に出会って、サメ映画ブームが自分の中で来ているので、新作のサメ映画は見る方針で。まぁ本作は、見るからに色物系っぽいですが・・・。

事件物件 呪縛の連鎖

サイモンは12歳の息子フィンを連れて、格安で購入した古びた家を修理しにやってきた。「この家には昔“魔女”が住んでいた」という妙な噂を耳にした彼らは、ある日、窓辺に一人の老婆が座っていることに気づく…。

「事故物件 恐い間取り」リリースタイミングということで「レフト -恐怖物件-」や本作はその流れですね。

ガール・オン・ザ・サード・フロア

家族のため郊外に安い一戸建てを購入したドンは、自ら荒れ果てた家を改築しようとする。が、この家には独自の卑劣な歴史があった。壁の裏、屋根裏、地下室。そこには決して触れては行けない秘密が隠されていた。

「独自の卑劣な歴史」ってなんだ(笑)めちゃくちゃ気になる!

2月17日リリース

アングスト/不安

10数年の刑期を終え出所する1ヵ月前、就職活動のために3日間の仮出所を許されたヴェルナー・クニーセクは、母親と娘と息子を殺害する。

界隈で話題になっていた映画でめちゃくちゃ気になっていたやつ。

2月19日リリース

悪魔がみている

元兵士・トマスは、仕事先の建設現場で怪我を負う。修道女のクレアに勧められた家で療養するトマスだったが、不穏な音や生き物の死骸など、ただならぬ気配を感じ始め…。

修道女ということはあのホラー映えするシスターの衣装が登場するということでしょうか。それならかなり期待できます。

2月26日リリース

2067

2067年、地球の酸素が激減し謎のウイルスが蔓延し危機的な状況に陥っていた。イーサンはウイルスに侵された妻を救うため未来にタイムトラベルをするが、そこは人類がすでに絶滅していた。その謎を調べるイーサンの前に巨大な陰謀の影が…。

サイバーパンク2077つながりのタイトル?タイムトラベル者が好きなので鑑賞予定。

というわけで2月は計14本を鑑賞予定です。レビューは2月中に到底終わりそうにないと思いますが。観たものから随時更新していきます!

コメント