12月リリースの見たい映画を紹介!

早いもので2019年もあと1か月となりましたね。ということで12月に観る予定の作品を紹介します!今月は6本です!

12月3日リリース

生き人形マリア

バス事故によって子どもを亡くした親たちの前に現れた精神科医のマノロ博士。悲しみを癒すためと言って、博士は亡くなった子どもそっくりの人形を親たちの下に置いて行くのだが…。

呪われた人形のお話でしょうか?フィリピン製ホラーという点にも注目しています。

A GHOST STORY/ア・ゴースト・ストーリー

小さな一軒家に住む若い夫婦のCとMは幸せな日々を送っていた。しかしある日、夫のCが交通事故で突然の死を迎える。

てっきりホラー映画かと思っていましたがむしろラブストーリーの要素のほうが強いとのこと。

12月4日リリース

モンスター・フェスティバル

ホラー・マニアたちが集まるハロウィーンのフェスが本物の殺人鬼たちによって惨劇会場に。そこに参加した若者たちの、必死の脱出行を描く。

アトラクションかと思ったら本当に危ない目に遭ってしまうという結構人気のフォーマットのホラー映画。個人的にはこのタイプの映画は好きなので期待。

ゾンビの中心で、愛をさけぶ

人間がゾンビ化する伝染病が発生。みるみる被害が拡大する中、部屋に閉じこもることになった離婚寸前のカップルが、サバイバル生活で愛を再燃させることに。

ゾンビモノ+ラブストーリー?離婚寸前の夫婦間のドラマが面白ければいいのですが…。

フィナーレ “そいつ”が見えたら、終わり。

深夜のガソリンスタンドで働くアグネスとベリンダ。ある夜、奇妙な客が現れたことをきっかけに、不気味な出来事が次々と起き始める。そこへ“そいつ”が突然現れ…。

明らかな便乗作品ですが、面白ければ文句はありません!

超 感染 ファイナル・デッド

ホテルで会食中のボスを待つジャック。その時、突然人食いゾンビが出現し、市民が次々と襲われていく。ボスから救助の要請を受けたジャックは、金属バットを手にホテルの最上階を目指す。

こちらも便乗タイトルですね…。ゾンビホラーコメディということで期待!

コメント