12月リリースの観たい映画を紹介!

12月にリリースされる新作で観る予定のものを紹介します。

12月4日リリース

コールド・スキン
ピニョルによる世界的ベストセラー『冷たい肌』を鬼才サヴィエ・ジャン監督が映画化したSFサバイバル・アクション。気象観測員として南極の無人島を訪れた男が、謎のクリーチャーの大群と激闘を繰り広げる。

ホラー作品ぽいですが、ジャンルとしてはSFアクションスリラーとのことです。なかなか面白そうで期待。

ビューティフル・デイ
闇社会での人捜しを専門に請け負う元軍人の男が、組織に掠われた少女を救出する中で思わぬ陰謀に巻き込まれていくさまをスタイリッシュなタッチで描き出す。元軍人のジョーは行方不明者の捜索のスペシャリスト。トラウマに苦しみながらも、危険な汚れ仕事で生計を立て、年老いた母を世話していた。ある日、警察沙汰にしたくない州上院議員から、10代の娘ニーナを売春組織から取り戻してほしいという依頼が舞い込む。さっそくハンマー片手にニーナが囚われている娼館に乗り込み、無事少女を救い出すことに成功するジョーだったが…。

出演者が豪華で、前評判も高いのでかなり期待しています!

死霊のシスター
再婚で引っ越しすることになった一家に、突然ポルターガイスト現象が襲いかかる。さらに、超常現象研究家の青年とヒロインは、修道女の霊によって家に閉じこめられてしまい……。尼僧霊の恐怖を描くホラー・ドラマ。

9月に公開された死霊館シリーズ最新作“死霊館のシスター”の便乗作品ですね。タイトルも“館”がないだけです。死霊館のシスターが結構楽しめたのでこちらも一応楽しみにしていますが出来はどうなんでしょうかね

ブルーマインド
新しい街に引っ越してきた15歳の少女が、思春期ならではの不安を抱えながら、仲間と悪い遊びに手を染めていく。そんななか、彼女の体に異常な変化が起こって……。少女の成長を恐怖シーンと絡めて描くスイス発ホラー。

ジャケットがオシャレでなかなか惹かれます!

フィフス・パッセンジャー
熾烈な階級社会となり荒廃した未来の地球。そこから抜け出そうと飛び出した宇宙船が爆発し、4人乗りの脱出ポッドに5人と謎の生命体が乗り込んでしまい……。モーガン・ラリア主演によるSFサバイバル・スリラー。

SF作品に最近ハマっているので観てみたいです。あらすじを読むとエイリアン的な感じなんでしょうか?

クリスマス・カンパニー
クリスマスを4日後に控え、てんてこ舞い状態のサンタの世界。9万2千人のエルフたちが一斉に倒れてしまい、人間嫌いのサンタはエルフを治すため人間界に向かうが……。アラン・シャバ監督・脚本・主演によるファンタジー作。

クリスマスシーズンなので一応見とくかという感じで観る予定

ロープ 戦場の生命線
1995年、停戦直後のバルカン半島。ある村で井戸に死体が投げ込まれ、大切な水が汚染されてしまう。するとすぐに犯罪組織のトラックが現われ、村人に水を高値で売り始める。急を要する事態にも国連の動きは鈍く、マンブルゥら国際援助組織“国境なき水と衛生管理団”のメンバーが死体の引き上げに乗り出す。しかし肝心のロープがなぜか手に入らず、一本のロープを求めてそこかしこに地雷の埋まる危険地帯を東奔西走するマンブルゥたちだったが…。

これもなかなか俳優陣が豪華ですね。ブラックコメディーらしいです。

12月5日リリース

コップ・ベイビー
潜入捜査に失敗し、呪いをかけられてしまったベテラン警部。ドジ巡査部長の赤ちゃんと体をすり替えられてしまった彼が、元の体に戻るべく奮闘するさまを描く。フルCGI赤ちゃんが大暴れするコメディ・アクション。

これは3DCG作品ボスベイビーへの便乗タイトルでしょうか?ジャケットやあらすじを見ると結構面白そうですが。

インフィニティ -覚醒-
新鋭女優ステファニー・スコット主演による驚異のSFスリラー。17歳の美少女が溺死しかけたとき、謎の光に包まれて不思議な力を手に入れる。戸惑う彼女を匿う元彼だったが、二人は当局に追われる身となって……。

ジャケットを見るとエスパーもの的な感じですかね。

UFO -オヘアの未確認飛行物体-
大学生のデレクがUFOを目撃し、得意の数学的スキルを使って調査していく

王道のUFO目撃モノですね!これはワクワクします。

Re:デッド
斬新さと恐怖を融合したSFスリラー。中世期の遺跡を目指していた女性教授が、仮面姿の人間によって殺される。だが、目覚めると殺される前に戻っていて……。そんな不可解なタイムループにはまり込んだ女性の抵抗を描く。

ジャケットに「〇〇受賞」がたくさん載っており、逆に不安になってきますが、ホラーは好きなジャンルなのでこれも鑑賞予定です。

REDCON-1 レッドコン1 戦闘最大警戒レベル
記憶と知能を持った進化系ゾンビに支配された近未来。人類に残された最後の希望は、ゾンビの巣窟と化した閉鎖区域にいる一人の科学者の存在だった。そこで、英国レンジャー部隊、SAS、米英海兵隊から選抜された精鋭8人による連合チームが結成され、博士の救出へと向かうのだったが…。

ゾンビものは好きなのでこれも鑑賞予定です。

模倣霊
都会を離れ、夫ミノの故郷・萇山(チャンサン)で新生活を始めたヒヨン。ある日、森の中でたたずむ泥だらけの少女に気付いた彼女は、放っておけずに少女を自宅に招き入れる。すると少女は、夫婦の娘と同じジュニと名乗り、なぜか娘の声をまねし始め…。

韓国産ホラーは観たことないので楽しみです。

トゥルース・オア・デア ~殺人ゲーム~
男女の飲み会を盛り上げるお決まりのゲーム“Truth or Dare(真実か挑戦)”。それがなぜか死を招く呪いのゲームと化してしまい……。

「死を招く呪いのゲーム」とは超常現象的な感じのヤツですかね。

ジュラシック・エクスペディション
人類と恐竜の生き残りを懸けた戦いを描くSFアドベンチャー。宇宙探査船が人類が生存できる可能性を示す惑星を発見した。資源調査のため、ジョン・メイソン中佐率いる調査隊が派遣されるが、地表に降り立った彼らに凶暴なモンスター恐竜が襲い掛かる。

地球が舞台ではなく、どこか別の惑星に恐竜が現れというなかなかよくばりな感じで楽しそうです。

12月7日リリース

クワイエット・フォレスト
謎の怪物が潜む世界へ足を踏み入れた少年の恐怖を描いたスリラー。小さな物音や気配を察知し、人間を襲う怪物によって荒廃した世界。外の世界に憧れながらも、生まれてから外に出たことのないアリゲールは、怪物にさらわれた兄を捜そうとするが…。

出ました!クワイエットプレイス便乗タイトル!メキシコ産ホラーとのことです。

12月21日リリース

死霊のえじき:Bloodline
ゾンビが蔓延する世界。生き残った人の一部は軍事施設で暮らしていたが、その施設内で謎の伝染病が発生。ヒロインが1体のゾンビの血清から特効薬を作ろうとするが……。

死霊のえじきのリブート作とのことですがどんな出来なんでしょうか?

アイ・オブ・ザ・デッド
目覚めの悪い夢を見て、起きる主人公。そこには、家族そして親友夫妻がいた。彼はもうろうとする中、約束していた親友夫婦と休日を過ごそうとしていた。そんな中、外で異常な物音を聞き、駆けつける。そこには人に襲いかかる人が居た。話しかけその場を納めようとするが、こちらを向き走り出し、その倒れていた人も起き上がり追いかけてくる-。すぐに異常に気がつき男は、家族の元へ戻りこの事態から脱するために親友と模索し始めるが―。

主観視点(POV)作品とのことで、ロシア・アメリカ合作のハードコアみたいな感じなんですかね。酔わなければいいですが。

ゴースト・ストーリーズ ~英国幽霊奇談~
心理学者のフィリップ・グッドマン教授は、イギリス各地でニセ超能力者やニセ霊能者の嘘を暴いてきた。ある時グッドマンは、長らく行方不明になっていた憧れのベテラン学者・キャメロン博士から「自分ではどうしてもトリックが見破れない」という3つの超常現象を調査するよう依頼を受ける。初老の夜間警備員、家族関係に問題を抱える青年、妻が出産を控えた地方の名士…。3人の超常現象体験者に話を聞くため、グッドマンは旅に出る。しかし、そこで彼を待っていたのは、信じがたい怪奇現象の数々と想像を絶する恐怖だった…。

主演はシャーロックシリーズでおなじみのマーティンフリーマン。これも評価が結構高めで期待大です。

コメント