「ロード・オブ・モンスターズ」映画感想(ネタバレ)ゴジラとは関係ない怪獣映画

ロード・オブ・モンスターズ(字幕版)
ロード・オブ・モンスターズ(字幕版)

「ロード・オブ・モンスターズ」は2019年のアメリカ映画。

結末までのネタバレを含むのでご注意ください。

作品情報

監督:マーク・アトキンス

キャスト
エリック・ロバーツ
クリス・フィッシャー
エイドリアン・ブーシェ
メーガン・オバーホルザー
ナタリー・ロビー
ドナ・コーマック

原題:Monster Island

製作年:2019年

製作国:アメリカ

上映時間:90分

感想

CGのクオリティは残念、設定の作りこみは意外にも…。

海溝で深海採掘ロボットが消息を絶った。海洋開発会社社長のフォードと、国際海底機構のサラは、調査のため深度3400mの海底に向かう。そこで彼らが見たのは、海底火山の活動で覚醒した伝説の巨大怪獣だった。マグマをエネルギー源とし、火山を求めて陸地を目指す怪獣。目前にせまる人類滅亡の時。破滅を阻止する唯一の方法、それは《生きた山》と言い伝えられる、もう1頭の大怪獣を蘇らせ、2体を戦わせることだった…。

怪獣同士の戦い

※結末までのネタバレを含むのでご注意ください

明らかに「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」に乗っかって製作された作品です。「ゴジラ~」と間違えて借りる人が出るのではないか…と一瞬心配になりましたが、ジャケットに「ゴジラ」の文字はないし、メインで映っているモンスターも別にゴジラぽくもないのでその心配は無用でしょうか。おそらく自分のような物好きたちが借りいくのでしょう…。

「ゴジラ~」では何種類もの怪獣が出てきますが本作の場合は、2種類ほどで若干の物足りなさは感じます。CGのクオリティもわかっていたことですが本家には遠く及ばず。ただ意外だったのは、最初に出てくるテングという海中に住む怪獣のCGはしょぼめではあるのですが、もう一体の方は比較的クオリティが高めに感じました。テングの方はアップで映る場面があるので粗が見えたということでしょうかね。

CGのクオリティ自体は残念なわけですが、巨大感表現は頑張っていました。特にテングが腕を船に振り下ろす場面。ここはおっと思う迫力がありました。これでCGがちゃんとしていたらなぁというのはないものねだりですね。ほかにもテングを巨大に見せる場面は全体的に巨大に見せようと努力しており見ごたえがあります。

さらに、意外とよかったのは怪獣まわりの設定を作りこんである点ですね。太古からの言い伝えという形で、怪獣たちの設定が詳細に語られています。この設定を語る大学教授役の女優の存在感も相まって意外にも重厚感のあるシーンになっていました。

総評

意外にもよかった点がありその点を中心に書きました。CGのクオリティは低いのでそこを何とか自分の頭で補正してみると意外と楽しめるかもしれません。積極的に人にオススメしようとは思いませんが…。というわけで評価は6/10としました。

ストーリー紹介

海に巨大生物が現れる

海洋採掘を行うベンシック社の代表(フォード)がスタッフと共に海底での業務にあたっていたところ、体にマグマが流れる巨大な怪獣(テング)と遭遇…。フォードは地上に上陸しようとするテングを退治することを決意します。

やがて、テングは体から無数の卵を射出し、卵からヒナがかえり始めます。テングを倒すためには生きた山と呼ばれるまた別の怪獣と戦わせる必要がありました。

そして、深い眠りについている生きた山を覚醒させるにはテングの血を与えなければなりません。そこで、テングのヒナを生きる山の眠る場所までおびき寄せ、ヒナはマグマを吐きはじめます。すると、見事生きた山が目覚めます。

そこへテングがやってきてバトルが始まりました。フォードは昔から伝わる怪獣に関する言い伝えに従い、テングのヒナの血を生きた山の目に弓矢で注入…。生きた山は光を放ちテングごと爆発しました。

おわり

参考サイト:映画.com/Amazon

↓本作の監督「マーク・アトキンス」の過去作

世界侵略:ワシントン決戦 [DVD]
アルバトロス (2019-03-02)
売り上げランキング: 157,709

↓2014年のハリウッド版ゴジラ

GODZILLA[2014] 東宝Blu-ray名作セレクション
東宝 (2016-06-15)
売り上げランキング: 10,387

コメント