「MEGALODON ザ・メガロドン」映画感想(ネタバレ/結末)メガロドンの巨大さはいいけど…

どうもジャケ借りくんです!
今回レビューするのは「MEGALODON ザ・メガロドン」。
結末までのネタバレを含むのでご注意ください。

感想

ストーリー
アメリカ海軍の駆逐艦が南太平洋の海底に沈む潜水艦を発見し、小型潜水艇で救助に向かう。潜水艦に乗っていたのはロシア人科学者たちであった。アメリカの機密情報を盗もうとしていた彼らが海底で使っていたドリルの音が巨大サメ「メガロドン」を呼び覚ましてしまっており、駆逐艦は「メガロドン」の標的になってしまう。アメリカ海軍は「メガロドン」を倒すことができるのか?!…というお話。

一応、メガロドンがメインの敵ではありますが、「ロシア人科学者対アメリカ軍人」のシーンもそこそこ多めです。アメリカ軍人は駆逐艦にタックルしてくるメガロドンと戦いながら混乱に乗じて逃げ出そうとするロシア人とも戦うという展開となっています。このよくばり仕様のおかげでめちゃくちゃ退屈という感じのシーンはありません。面白いという意味ではありませんが…。メガロドンの出し惜しみはなく映画が始まってすぐ登場するので序盤はそこそこの楽しさです。ただ、メガロドンの腹から潜水艇で抜けだす場面や、駆逐艦にタックルするメガロドンに大砲で応戦する場面など、盛り上がりそうなシーンも予算の関係か、変な感じで省略してディテールの描写がないのであまり盛り上がりません。ロシア人との戦闘もユルめで目新しさはなしです。メガロドンがクジラや船を食べる場面はその巨大さがよくわかるので結構テンションが上がりました。いろんなものをバクバク食べるのは景気がよくて楽しい気分になります。メガロドン自体のCGは思っていたよりひどくなく許容範囲といった感じ。駆逐艦も本物の船を使っていてチープさはありません。ただ、駆逐艦を遠くからみたショットがCG丸出しなのはちょっとマイナスですね。

軍人役の方々の演技はあまりうまくなく、緊迫感がありません。「勇敢な軍人演技」は行き過ぎていてコントみたいでちょっと笑えてきます。

総評
めちゃくちゃひどい映画ではありませんが、面白くはありません…。まじめなストーリーなためユーモアとかは一切ありません。もう少し気を抜いた感じの笑いを入れてくれたら楽しめたかもしれませんが。巨大なメガロドンがクジラを食べるところなど見どころは何カ所かあります。

点数は6/10とします。

あらすじ

南太平洋の海底でロシア人科学者たちがアメリカ側の情報を手に入れるため通信ケーブルにドリルを使い穴を開けようとしていた。その音に引き寄せられた巨大ザメ「メガロドン」が潜水艦に襲い掛かり潜航不能になってしまった。

続きを読む

その海上を通りかかったアメリカ海軍の駆逐艦が海底に沈む潜水艦を発見した。小型潜水艇でロシア人科学者たちを救助し浮上中にメガロドンがやってきて飲み込まれてしまう。

駆逐艦側では大佐の指揮で小型潜水艇の救助作戦が進められていた。大佐は救助に行くべきではないという大将と意見が食い違う。大佐の権限で大将をしばらく監禁することに。

電気が流れるようにした餌付きお手製釣り針を海に投げ込むとメガロドンがつられてやってきた。小型潜水艇はメガロドンが口を開けた瞬間に脱出し、無事駆逐艦に戻った。釣り針に電気を流すとメガロドンは気絶したのか海へと沈んでいった。

救出されたロシア人イワノフは尋問を受けた後拘束されるが、隙を見てアメリカ人兵士を倒し銃を奪う。そして人気のない場所に身を潜めた。

再び現れたメガロドンを倒すため、爆薬を詰め込んだ小型潜水艇を飲み込ませ、起爆装置で爆発させることになった。

アメリカに連行されるわけにはいかないイワノフはアメリカ軍人を銃で脅し、起爆装置を海に捨てさせた。他のアメリカ軍人が援護に現れたことで銃撃戦に発展し、イワノフは船内に一度身を引いた。その間に、メガロドンは小型潜水艇を飲み込んでしまう。あるアメリカ軍人が代わりの起爆装置を作り上げ。しかし、起爆させるには爆薬との距離が6メートル以内でなければいけない。大佐は起爆装置を押す役目を自らかってでた。部下の軍人たちがボートで非難する中、大佐はエンジンの音でメガロドンをおびき寄せようと、エンジンルームへ。するとそれまで隠れていたイワノフが姿を現し戦闘に発展。大佐は銃を持ったイワノフに追い詰められていく。そこに大将が現れ、イワノフを撃ち殺した。その際、大将も腹に銃弾を受けており、もう自分は長くないからと起爆の役目を大佐から引き継いだ。大佐はボートに乗り、駆逐艦から離れる。大将はエンジンの音でメガロドンをおびき寄せ、起爆可能範囲に近づいてきたところで起爆装置のスイッチを押した。爆発によってメガロドンは激しく吹き飛んだ。

おわり

作品情報

監督:ジェームズ・トーマス
キャスト:
マイケル・マドセン
ドミニク・ペイス
キャロライン・ハリス
エゴ・ミティカス
エイミー・ストルト
原題:Megalodon
製作年:2018年
製作国:アメリカ
上映時間:86分
参考サイト:映画.com


本作はU-NEXTの31日間無料トライアルに登録することで付与されるポイント(600ポイント)でタダで鑑賞が可能です。(2019年11月1日 23:59まで配信予定)※本ページの情報は2019年1月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。
作品サイト:MEGALODON ザ・メガロドン

ゲオ宅配レンタル

MEGALODON ザ・メガロドン(字幕版)
(2018-11-02)
売り上げランキング: 253,054

スポンサーリンク

コメント