「パーフェクト・リベンジ」映画感想(ネタバレ)設定は悪くないが味付けが下手なサスペンス映画

どうもジャケ借りくんです!
今回レビューするのは「パーフェクト・リベンジ」。
パーフェクト・リベンジ(字幕版)
パーフェクト・リベンジ(字幕版)

今までの詳細なあらすじを書くスタイルが若干変わりました。ネタバレを含むのでご注意ください。

作品情報

監督:アントニオ・エルナンデス
キャスト:
ベン・テンプル
ヨン・ゴンサレス
原題:Matar el tiempo
製作年:2015年
製作国:スペイン・アメリカ合作
上映時間:116分
参考サイト:映画.com

あらすじ

ビデオチャットを通じてある女性と出会ったことで、人生の歯車が大きく狂い出す…!パソコン画面の向こうでは、突然部屋に押し入ってきた何者かに暴行を受け、死に物狂いで助けを求める女性の姿が。犯罪とは無縁の男たちは機転を利かせ、彼女を救い出すことができるのか!?(Amazon

ストーリー紹介

登場人物

ロバート:銀行の監査法人で働く男性。
サラ:スペイン人で一児の母。
ニコラス:ロバートの同僚。

ロバートはある女性と出会う

出張でスペインにやってきたアメリカ人のロバート。彼はビデオチャットで知り合ったスペイン人の娼婦サラと肉体関係を持つようになります。

サラが監禁される場面を目撃する

ロバートは次に会う予定を決めるためビデオチャットでサラと会話していました。そんななかサラの部屋に複数の男たちがやってきます。サラはその男たちと金銭トラブルがあるようでサラは男の一人に痛めつけられてしまいます。ショッキングな場面を目撃し動揺したロバートは通話をやめ、サラとの今までの連絡の履歴などを削除しました。

サラから助けを求める連絡が入る

サラから通話アプリでロバートのもとに連絡が入ります。カメラ越しに映るサラの部屋には男2人がいてサラを軟禁している様子でした。サラは男たちが見ていない間にチャットでロバートに助けを求めます。男たちの狙いはサラの子供を連れ去ることです。サラは花屋にいるマリアという女性に子どもを預かるように伝えてほしいとロバートに言いました。ロバートはこの件を同僚に話すとその同僚は面倒ごとに関わるなと言います。しかし、ロバートはその助言を振り切り花屋へと向かいました。

花屋に向かったロバートだったが・・・

サラの言う通り花屋に行きそこにいたアジア系の女性にマリアという人物はいるかと聞きますが、その女性は面倒くさそうな態度を隠さず取り合おうとしません。ロバートが必死に食い下がると女性は赤ん坊をその場に置き去っていってしまいます。ロバートは仕方なく赤ん坊をホテルに連れ帰り世話をすることに。

サラのアパートに向かうロバート

サラを軟禁していた組織の1人、ディエゴが部屋のPCを見てロバートとのビデオチャットに気づきました。そこでサラは男を殴り、縛り上げクローゼットに閉じこめます。ロバートはサラを助け出すためアパートへと向かいます。ロバートはサラの客を装って部屋に侵入しました。そこにいた男の一人に赤ん坊とディエゴを預かったと伝えます。そして、ディエゴを開放する代わりに、サラを逃がすよう取引を持ち掛けます。サラは無事解放されました。ロバートは自分も開放してもらうため組織の一人、ボリスにある話をします。ボリスが組織を裏切り密かに金儲けを企んでいたことをビデオチャットを通してロバートは知っていました。ロバートはボリスの話したことはすべて録画されていると伝え、自分を解放してくれたらデータを消去すると伝えます。ボリスはその取引に応じ、ロバートも無事に解放されました。

感想

基本の設定は悪くないが

ケンカも強くない一般人が勇気を振り絞って人助けをするという基本の設定はなかなか良いです。主人公ロバートの役者の気弱そうな感じも相まって応援したくなります。主人公の同僚も初めは厄介ごとに首を突っ込むなとロバートを説得していましたが、結局はともに人助けにかかわっていきます。この同僚も印象に残るキャラでかなり良かったですね。この映画で一番いいキャラでした。基本は楽しい映画なのですが、脚本があまりよくないと感じました。ロバートはサラが監禁されたことを知った時点で、警察を呼ぶべきだったのではないでしょうか?かなり後になって警察を呼ぶ呼ばないの話になりますが、観ている側としては「速く警察呼べばいいのに」という言葉がずっと頭に浮かんでいました。また、ロバートはスペイン語があまりわからないのに、サラや彼女を監禁した男たちがスペイン語で話すところをビデオチャット越しに見ているというシーンが長すぎです。この間、話はほぼ止まっている状況で、退屈でした。

全体的にユルイ映画

スリラーとして見るとグロ描写も暴力描写もほぼなく物足りない映画でした。もう少しハラハラするようなシーンがあればもっと面白くなったのにと感じました。

総評

基本の設定はいいのに味付けがうまく無い映画という印象です。

評価は6/10としました。

ゲオ宅配レンタル

【Amazon.co.jp限定】マーベル アウターケース付き全13巻セット [Blu-ray](期間限定商品)
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 (2018-12-11)
売り上げランキング: 11,653

スポンサーリンク

コメント