「メアリと魔女の花」映画感想(ネタバレあり)

劇場でメアリと魔女の花みてきました。
スタジオジブリで「借りぐらしのアリエッティ」「思い出のマーニー」を監督した米林宏昌監督がスタジオポノックで制作したファンタジーアニメ。

あらすじ
田舎町の赤い館村に引っ越してきた11歳の少女メアリは、7年に1度しか咲かない不思議な花「夜間飛行」を森の中で発見する。それは、かつて魔女の国から盗み出された禁断の花だった。一夜限りの不思議な力を手に入れたメアリは、魔法世界の最高学府・エンドア大学への入学を許されるが、メアリがついたある嘘が大きな事件を引き起こしてしまう。

「メアリと魔女の花」。一言でいうとワクワクするところも多いけど物足りなさを感じた映画でした。

ではまずは面白かった部分から。
映画前半の展開はものすごく楽しく観ることができました。メアリが「夜間飛行」という花を見つけ、ほうきで飛び立つシーンの爽快感はもちろん、特にエンドア大学という魔法学校にたどり着いてからはファンタジーアニメとしての面白さが爆発していました!メアリは入学希望者と勘違いされマダム・マンブルチューク校長に学校を案内されるのですが、ここでの建物・小物などの美術や世界設定がみごとで、ただ大学内を紹介するだけのシーンなのにワクワクが止まりません!授業の様子もコミカルでずっと見ていたいという気持ちにさせてくれます。キャラクターもそれぞれキャラがたっていてよかったと思います。とくにほうき小屋の番人であるフラナガン!彼の声優の演技のよさもさることながら、しぐさが独特で何度か声をあげてわらっていました。今作の全体に言えることですがコミカルなシーンが多く、いくつも笑えるシーンが用意されているので気軽に観られる点はよかったです。というわけでここまでの前半、ひと通り魔法学校でのシーンがおわり現実世界に戻るまでは文句なしに面白かったです!

ここからはイマイチな点です。
メアリが強大な力を持つ花「夜間飛行」を発見したことがマンブルチュークに知られてしまうことから重大事件へとつながるわけですが、この展開が好きではないというか萎えてしまいます。というのも僕は「主人公自身が巻き起こした一大事を主人公が解決する」系の映画があまり好きではないからです。これ系の映画の何が嫌かというとエンディングを迎えても物語がはじめから一歩も前に進んでいない感じがするからです。だから上映中ずっとなんだかなぁともやもやした気持ちが抱えたまま観ていました。まぁそれでも主人公メアリが以前よりも成長してくれていれば、この映画の物語にも意味があったと思うのですが、メアリの人物描写も描きこみが不足していてメアリが冒険を終えても成長した感じがしません。一応、赤毛がコンプレックスであったり、誰かの役に立ちたいという気持ちが強いキャラとして描かれてはいますが、いずれも中途半端です。メアリの現実世界での生活の様子をもっと見せてくれたらよかったのにという感じです。描写不足といえば、メアリの住む世界や魔法の世界をどんな世界なのかもっとみせてほしかったです。メアリの住む世界は外国を舞台にしているということもありますがイマイチどんな世界なのかわかりません。そこに住む人、文化、産業などが描かれていればキャラクターに説得力が出ていたのにと思いました。魔法の世界については登場するのが魔法学校のみでこちらもどういう世界かわかりません。マンブルチュークとドクター・デイの悪事が世の中に悪影響を与えようとも世界やキャラに実在感がないためにいまいち切実なものに感じられず、そのせいでラストの盛り上げに失敗している印象です。

上記のようにイマイチな点が多い映画ですが、退屈な映画という感じはしませんでした。それはテンポがよく笑いどころも多く美術や世界設定が素晴らしいからです。だから上記した描写不足部分を新たにつけたして上映時間130分ぐらいの映画にしてほしいというのが僕の意見です。後でネットで調べましたが上映時間102分は短すぎです!もっともっと広がりのある世界でのメアリの冒険を楽しみたかった・・・。

というわけでおすすめ度8/10!

余談ですがシャーロットの声を当てた大竹しのぶさんの演技や声質がすごくジブリ映画に出てくる感じでシャーロットが出てて来る場面になると僕はいまジブリ映画を観てる感が強まると感じました!

スポンサーリンク

コメント