「すべての終わり」映画感想(ネタバレ/結末)観ている間は楽しいけど…

どうもジャケ借りくんです!
今日レビューする映画は「すべての終わり」!
今回はツタヤレンタルではなくネットフリックスでみた映画です!
結末までのネタバレ含むのでご注意ください。

本作は、謎の環境異変により大混乱が起こったアメリカが舞台。主人公が婚約者の父親とともに安否不明の婚約者がいるシアトルへと車を走らせる…というお話。
銃撃戦、カーチェイスなどアクションシーンはわりと多め。
環境異変については全容がわからず断片的で真偽不明の情報が示されるのみです。
ディザスター的な大見せ場はほぼなし。

作品情報

監督:デビッド・M・ローゼンタール
キャスト:テオ・ジェームズ、フォレスト・ウィテカー、カット・グラハム
原題:How It Ends
製作年:2018年
製作国 :カナダ・アメリカ合作
参考サイト:映画.com

あらすじ

ウィルはサムという女性と婚約。サムのお腹の中には赤ちゃんがいた。

ウィルはサムをシアトルに残し、シカゴでサムの両親と食事をする。
サムの父、トムはウィルのことを快く思っておらずふたりは言い争いになってしまう。
それをみかねたトムの妻ポーラはウィルを帰らせた。

続きを読む

翌日、ウィルはシカゴのホテルにてサムからの電話で目を覚ます。
シカゴからシアトルに戻る飛行機の時間が迫っていた。
会話中にサムのいるシアトルで停電が起きる。
電話が切れ、掛け直すがつながらない。
急いで空港へ向かったが、シアトル便が運行中止になっている。
南カルフォルニア海岸で大地震が起きたとの情報がテレビから入ってきた。
しばらくして空港内も停電してしまった。外へ出ると大渋滞が起きていた。

ウィルはサムの両親の家に向かった。
ウィルは連絡の取れないサムを救うためトムとシアトルまで車で向かうことに。

立ち寄ったガソリンスタンドで複数の男たちに金を出せと絡まれる。トムが銃を取り出し追い払う。
トムは元軍人でこういった状況での対処に慣れているようであった。

しばらく進むと高速道路が軍隊によって通行止めになっていた。トムは軍人の一人に自分が海兵隊にいたことを伝える。
娘に会うために高速道路に乗る必要があると言うと通行の許可が降りた。

その夜。
警察の車両がサイレンを鳴らし後ろをついてきた。
しかし乗っていたのは警察官ではなかった。
パトカーに乗った男がこちらの車に向けて銃を撃ってくる。
ウィルは銃を撃ち返す。
パトカーは停車中だった車にぶつかり止まる。
ウィルたちの車の前を突然動物が横切った。それをかわそうとハンドルを切ると道から外れ木に衝突して停車する。
パトカーの男が追いついてきて銃を向けられるが、トムが殴って倒した。
先程の衝突のせいでトムのアバラは折れてしまっていた。

故障した車をパトカーで牽引し修理屋を探すことに。
しばらく行った先にある先住民居住地区に車を止めた。
住人たちは無線装置で情報収集を行っていた。
「第三次世界大戦」「原爆が自爆」などさまざまな情報が飛び交っている。
空を見上げると無数の鳥が群れ作って飛んでいた・・・。
リッキーという車の修理が得意な女性と出会う。
修理要員として金を出し同行してもらうことに。

ウィルの知り合いが住む家を訪ね、水等を補給させてもらい出発。

走行中に軍の飛行機が墜落していたのが見えた・・・。

夜になり、携帯電話の電波が通じるようになった。
トムにサムから留守電が入っていた。それは2日前のものであった。
ウィルになにかを伝えようとしていたようだが途中で切れてしまった。

山火事が起きている所に通りかかる。女性が車の横で助けを求めていた。
そこに男たちがやってきてウィルたちの車からガソリンを盗み車で逃げる。
ウィルたちはそれを追いかける。
車に追いつき、リッキーが銃で車のタイヤを撃つ。
車はクラッシュし停車した。ガソリンを奪い返した直後に車は大炎上。中に乗っていた人間は死亡。
リッキーは盗人が死んだことを自分のせいだと責め、ショックを受けていた。
ウィルたちが仮眠をとっている間にリッキーは去ってしまっていた。
トムは折れた肋骨のせいで肺に圧力がかかって息ができなくなっていた。胸に穴を開けることで圧力を下げ、なんとか一命を留めた。

再び車を走らせた。
トムの具合は良くなく、苦しそうにしている。
トムはウィルに娘を守るように言い、ウィルは約束すると答えた。
ウィルはサムが妊娠していることを伝えた。しかし、トムはそれを知っていた。
さらにウィルは以前トムから借りたボートを壊したことがあったが、壊したのは実はウィルではなくサムであることを告げた。
ウィルは自分のせいだとトムに嘘をついていた。そのことをサムには知らせていない。
それを聞いたトムは、ウィルのことを殊勝な男で良い父親になると褒めた。

橋を通りかかると複数の車で橋をふさいでいる連中がいた。
話ができそうにない相手だと見たウィルは車をバックさせる。
それをみた相手は追いかけてくる。
橋をふさいでいた車も前から突っ込んできたがトムが銃で撃つと車は横にそれ、他の車にぶつかり炎上。
無事に橋を通過することができた。

ウィルがトムに話しかけるとすでにトムは息を引き取っていた・・・。
トムを乗せたまましばらく車を走らせる。
しかし車が突然故障してしまい停車。
トムの遺体がのった車にガソリンをかけ火葬した。

ウィルは歩いてシアトルを目指すことに。

ヒッチハイクをすると1台の車が止まり、途中まで乗せてくれることになった。
ウィルの頼みで彼の父の家を訪れた。
その家を使わせる代わりに車をもらい、再びシアトルに向け出発。

ウィルはシアトルの街へ到着した。あたり一面に火山灰が降り積もっていた。
探索中、建物の壁にサムの書き残したメッセージを発見。
書かれていた地名を地図で探し、サムと再開を果たす。
サムは大異変から隣人の男と協力しながら生活をしていた。
その男が言うには今回の大異変は仕組まれたもので意図的に人々の理性を失わせようとするものである。
原爆が海岸に落ちて大きな波を引き起こしたと言う。
ウィルは男の話を信じようとない。バカにされていると感じ言い争いになる。

朝になり、男と2人で探索に出る。
男はサムに好意を抱いており、その恋人であるウィルが生きているとは思っていなかった。
ウィルは、サムが妊娠していると告げるとその男はウィルに銃を向け引き金を引こうとした。
とっさにウィルはその男を撃ち殺す。
ちょうどその時火山が噴火し、サムとともに車に乗って逃げる。
火山灰に車が飲み込まれそうになるがふたりは間一髪のところで逃げ切ることができた。

おわり

感想

僕の感想としては、退屈はしないが物足りない・・・という感じです。
点数を付けると「7/10点」という感じでしょうか。
文明が崩壊しかけている世界を舞台に婚約者の父とともに、婚約者のいるシアトルを目指すというお話。
ほぼ無法状態に近い中、車を走らせるわけですから、ありとあらゆる略奪者がふたりに襲いかかります。
カーチェイスあり、カークラッシュあり、銃撃戦ありで、テンポよく危機的状況に陥るので退屈せずにハラハラしながら観ることができました。
かる~く観る分には「そこそこ楽しい」というのが僕の評価ですね!
ただし・・・。
観てる最中はそこそこ楽しめるものの観おわると即記憶から消されていく・・・そんな映画でした。
パンチが足りないと言うか、とにかく物足りなさを強く感じます。
ポストアポカリプスものとして特別新しいことをやってないからだと思います。
強いて言えば、自分のことをよく思っていない婚約者の父と行動をともにする部分は本作ならではという感じでしょうか。
ただ、婚約者の父と険悪な感じになる描写は序盤の方で出てきて、それ以降は割とあっさり気味なので物足りません。
「娘と結婚するのを認めない父親」というキャラクターをもっと出していったほうが良かったんじゃないかと思いますね。
他にもまだ物足りないところがあります。
それは謎の環境異変後に主人公の婚約者がどういう状況にあるかがほぼわからないところです。
「婚約者はシアトルにいること」はわかっていますが、シアトルで彼女がどんな危険な状態にあるのかは描かれません。
婚約者の置かれる状況がわからないので「シアトルに行き婚約者を助ける」という目的もいまいち切迫感がありません。
もちろんどういう状況にあろうと愛する者のため駆けつけるのは当然だとは思いますが、
だったら婚約者の視点も入れて、彼女の危機的状況を描けば(主人公には電話でそのことがわかるようにする)タイムリミット感も生まれて切迫感が出たと思いました。

終盤、隣人の男が環境異変についての陰謀論的なことを話し出すあたりで、おおこれは面白くなってきたぞ!とテンションが上りましたがそこもそんなに盛り上がることなく・・・。
隣人の男と婚約者がどう生き延びてきたのか個人的には結構気になりましたけどね。
この男はともに協力して生活するうちに婚約者に好意を抱くようになるわけですが、そこらへんも見せてくれたらなぁと思いました。

あとエメリッヒ的ディザスターに主人公が巻き込まれるシーンがほぼ無いのも少し不満ですね。さすがに予算の関係で厳しかったか・・・?

まとめ

・退屈はしないが物足りない

・主人公と婚約者の父との関係をもっと深く描くべき

・婚約者の視点をいれるべき

ネットフリックスで追加料金なしでみれたのでそこそこ満足しました!これがお金を払ってレンタルした映画となると評価も厳しくなるかも。

ラストは中途半端で終わっているので、そういうのが嫌な人はみないほうがいいかもしれませんね。(レビューサイトを見ると怒っている方もいました)

僕が7/10点としたのは、退屈な時間がなかったことですね。少し甘めでしょうか?不満は多くありますが、退屈はしなかったので…。こういう映画もアリという感じです!!!

コメント