「ハウンター」映画感想(ネタバレあり)

映画を追加料金なしで観ることができるアマゾンプライム。
その中から1本選びレビューしていきます!

今回はハウンター!

ネタバレあり!

あらすじ

ある朝リサは、自分の周囲で起きる出来事が昨日と全く同じであることに気づく。翌朝、彼女が目を覚ますと、やはり全てが昨日と同じだった。やがて彼女は、1985年のその日以来、自分が同じ日を繰り返し続けていることを知る。外に出ることすらできない彼女は、自分が暮らす家が呪われているのではないかと考えて調べはじめるが……。

おすすめ度7/10

同じ1日を何度も繰り返すループもの映画です。家族で唯一、ある1日をループしていることに気づいたリサがその状況を打開すべく自宅を調べてまわるお話。幽霊は出てくるものの画面に大写しになって驚かせるタイプの映画ではありません。どちらかというと「なぜ同じ一日がループしているのか」ということを探っていくミステリー映画としての側面が強い印象です。ストーリーには多くの謎が用意されていて、それらの謎がだんだんと明かされていくため興味を失うことなく見続けることができました。伏線が各所にちりばめられていてそれらが回収されていくのを見るだけでも気持ちよさを味わえます。
欠点とは少し違いますが、とある家に住んでいたいろんな時代の人間が登場するため、集中していないとわかりづらい部分があるかと思います。

総評

設定が凝っていて、謎もたくさん用意されいるので飽きずに観ることができます。
一方、ストーリーが若干複雑で集中力が必要になるので、落ち着いてみられる環境での鑑賞がおすすめ。

コメント