「ワイルド・スピード ICE BREAK」映画感想(ネタバレあり)

ワイルドスピード アイスブレイク

劇場で観てきました!
ちなみにシリーズ作は1本も見たことありません。

あらすじ

誰よりも仲間を愛し大切にしてきたドミニク(ヴィン・ディーゼル)の裏切りにより、彼らの結束は崩れようとしていた。だが、彼の行動には謎のサイバーテロリスト(シャーリーズ・セロン)が関与していることがわかる。レティ(ミシェル・ロドリゲス)やローマン(タイリース・ギブソン)らはドミニクを取り戻すため、最大の敵デッカート・ショウ(ジェイソン・ステイサム)と手を組むが……。

おすすめ度10/10

かなりのおすすめ映画です!映画全編がアクションの連続で退屈な場面が全くありません。
ど派手なカーアクションシーンはもちろん、生身の格闘アクション、銃撃戦などてんこ盛りで、どれも気が利いていてカッコよくて最高です!
友達や家族と観ても盛り上がれる娯楽超大作!

アクションてんこ盛りで楽しい

この映画ほぼ全編がアクションシーンで埋め尽くされていて退屈な場面が全くありません。
そしてそれらのアクションシーンがどれもカッコイイ!
例えば、ドウェイン・ジョンソン演じるルーク・ホブスとジェイソンステイサム演じるデッカードが刑務所から脱獄するシーン。
囚人のいる牢屋の電子ロックが開けられ、ルーク、デッカードはそれぞれ囚人や看守を倒しながら刑務所の出口を目指します。
ステイサムの軽やかなアクションも良いんですが、とくにドウェイン・ジョンソンはあの体格がものすごくアクション映えしますね。
敵の倒し方もバリエーション豊富で最高にテンションがあがる場面です!
ほかにはドムによる核ボタン奪取シーンもよかったです。
特にサイファーが無人の車をハッキングして遠隔操作で走らせるところのやりすぎ感が笑ってしまうけど楽しい場面。
核ボタンを奪ったドムの車をワイヤーで止めようとするところも緊張感があって思わずこっちも力が入ってしまう名シーンでした。
終盤の潜水艦とのバトルも迫力があって最高!!!

ローマン最高!

ローマンというキャラが最高でした。
危ない場面での叫び方とかロシア語の単語を読み上げるところなどいちいち面白いw
かと思えば終盤見せる銃を使ったアクションできっちりかっこいいところも見せてくれます。

ハッカーが有能すぎる・・・

気になったのはハッカーがパソコンのキーボードカチャカチャするだけで何でもできてしまうところ。
あまりにも都合がよすぎてちょっと冷めてしまったのも確か。

敵の人手不足感

ほかに気になったのは敵の数があまりにも少なすぎじゃね?というところ。
ドムをサポートする人員をもっと増やせばいろいろラクに事が運んだんじゃ…と思いました。

総評

いろんなシチュエーションでいろんなアクションをこれでもかと詰め込んでみせてくれて大満足な一作!!!ほぼ欠点もなく最初から最後まで飽きることなく楽しめます。

スポンサーリンク

コメント