「トラウマ・ゲーム 恐怖体験アトラクション」映画感想(ネタバレ)テンション高めの恐怖体験が楽しい

トラウマ・ゲーム 恐怖体験アトラクション(字幕版)
トラウマ・ゲーム 恐怖体験アトラクション(字幕版)

「トラウマ・ゲーム 恐怖体験アトラクション」は2018年のカナダ製ホラー映画。監督は「ラスト・シフト 最期の夜勤」「操り人形」のアンソニー・ディブラシ。

結末までのネタバレを含むのでご注意ください。

作品情報

監督:アンソニー・ディブラシ

キャスト
チャド・ルック
シャンタル・ペロン
ダナ・クリスティーナ
アシュリー・スミス
西村喜廣

原題:Extremity

製作年:2018年

製作国:カナダ

配給:「トラウマ・ゲーム」上映委員会

上映時間:98分

あらすじ

恐怖体験アトラクション施設「パーディション」。そこでは、精神的・身体的な苦痛によって究極の恐怖を体験することができる。ルールは途中棄権禁止、時間制限無し、全てを主催者に委ねることだった。幼い頃に父親から虐待を受けていたアリソンも、そのトラウマを克服するために参加する。到着早々に身ぐるみを剥がされ、スカルの面をかぶった者たちから執拗なまでの凌辱と苦痛を与えられる。これは本当にゲームなのか…?

感想

※結末までのネタバレを含むのでご注意ください

恐怖体験アトラクションモノの良作

テンション高めな恐怖体験シーン、グロい人体欠損など印象に残る場面が多くそこそこ楽しめました。

幼いころのトラウマを克服するため「パーディション」という恐怖体験アトラクションにやってきたアリソンはありとあらゆる恐怖を味わうことになってしまう…というお話。

「ヘルアトラクション 絶叫館」「ザ・ハロウィン」などに続く恐怖体験アトラクションかと思ったら実際に危険な目に遭ってしまう映画の一種…と言いたいところですが、本作の場合危ない目に遭ってしまうことを分かった状態から始まるのでちょっと毛色は違いますね。とはいっても大雑把に言うと同じジャンルとしてとらえてもいいと思います。(以下は恐怖体験アトラクション映画の感想記事をまとめたタグです)。このジャンルの好きなところは、ただのアトラクションなのか本当にヤバいヤツなのか、どちらかわからないという状態に突入するところなのですが、本作はそれがちゃんと用意されておりかなり満足度が高めです。この観ていてクラクラする体験がものすごく楽しいわけです。

スポンサーリンク

序盤に書いたように主人公が味わうことになる恐怖体験がテンション高めで、勢いで観客を映画に引きずり込むようなタイプの演出に感じました。舞台となる施設内部の美術もこだわりを感じ特に序盤に出てくるトイレは本当に汚くてキツイです…。人体欠損シーンも終盤にめちゃくちゃグロイのが用意されており良かったと思います。

アトラクションのボス的なヤツも最初はマスクをしておりミステリアスな感じですが、正体を明かしてからはそのボス側の事情も語られていきます。このあたりから正直それまでの不穏なトーンから一気に怖さが薄れていきます。彼の話を聞くところによるとまぁ本気で人のためにこの施設を運営しているようで、怖さの代わりに彼に対する好感度が上がり、まぁこういう展開もありか…と思いかけたところで実は終盤にヤバい仕掛けを用意していたことが判明。具体的に言うと幼少期に主人公を虐待をしてきた父親と主人公を対面させるというもの。これもボスにしたら善い行いをしたということっぽいのがゾッとするというか…。ラストはスカッと終わってくれるのでまぁ気分的に悪い感じで終わらないのは良かったですね。

総評

印象に残る場面も多く「恐怖体験アトラクション」モノとしても満足度高め。施設のボスの正体がわかってからは少し怖さはなくなっていきますが、新たな恐怖体験が始まることになるのでそこまで退屈はしませんでした。全体的にはそこそこ楽しめたという感じです。というわけで評価は7/10としました。ちなみに本作の監督アンソニー・ディブラシは「ラスト・シフト 最期の夜勤」「操り人形」などホラー映画を多く手掛けてきた人物で特に「操り人形」は人間を人形にしてしまうというエグイ描写が印象的でした。というわけで今後のアンソニー・ディブラシの作品にも要注目ですね。

スポンサーリンク

ストーリー紹介

登場人物

アリソン:幼少時に父から受けた虐待によって大人になった今もそのトラウマに悩まされている。セラピー効果を狙って恐怖体験アトラクション「パーディション」にやってくるが…。

パーディション

精神的、身体的な苦痛を味わうことができる究極の恐怖体験アトラクション「パーディション」。ルールは、途中棄権はできず、すべての権利は主催者側に委ねられるというものでした。

そこにやってきたのは…

その「パーディション」に、幼少期に父親から虐待を受けそのトラウマを克服しよう考えた女性(アリソン)がやってきました。

恐怖体験をする

アリソンは「パーディション」につくなり、スタッフと思われるマスクの男女にあらゆる恐怖を体験させられます。

アリソンのもとにやってきたのは…

スタッフは極めつけにアリソンを彼女の父親と対面させます。アリソンは激高し、父親をナイフで刺してしまいます。そして、近くにいたスタッフにも次々と襲い掛かり殺してしまいます。アリソンは「パーディション」から外へ出て車に乗り込みました。道を歩いているスタッフを見つけ彼女たちに向けて車を急発進させました。

参考サイト:映画.com/Amazon

ゲオ宅配レンタル

アベンジャーズ/エンドゲーム MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー+MovieNEXワールド] [Blu-ray]
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 (2019-09-04)
売り上げランキング: 1
キャプテン・マーベル MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー+MovieNEXワールド] [Blu-ray]
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 (2019-07-03)
売り上げランキング: 3

コメント