「呪いの怨恨 エコーズ・オブ・フィアー」映画感想ネタバレ(9/10点)家自体が怖い心霊ホラー映画!

今回は「呪いの怨恨 エコーズ・オブ・フィアー」を鑑賞しました。

ジャケットには舞台となる家で主人公のアリッサが迫りくる霊から身を隠す様子が映っています。

アリッサという女性が祖父の死をきっかけに、祖父の住んでいた家にしばらく滞在することになるがそこで不可解な体験をしてしまう・・・というホラー映画。

家自体がどこか怖いのが印象的な作品で、そこが非常に自分好みでした。

個人的な評価は9/10点です。

作品情報

監督:ブライアン・アヴェネット=ブラッドリー、ローレンス・アヴェネット=ブラッドリー
出演:トリスタ・ロビンソン、ハナー・レース、ポール・キリコ、マーシャル・ヒルトン、エリフ・サバス
原題:ECHOES OF FEAR
製作年:2018年
製作国:アメリカ
リリース:2021-01-13
上映時間:89分
映画サイトでの評価:「IMDB」5.1/10点、「フィルマークス」2.5/5点。

ストーリー紹介

ストーリーの流れを知りたい方はこちらをクリックしてください。(ネタバレを含みます)

・主人公はアリッサという女性。

・ある日、彼女の祖父・ジミーが死去する。

・アリッサはジミーの住んでいた家を売却するためしばらくその家に滞在することに。

・やがて、アリッサはそこで霊現象に見舞われる。

・アリッサの前に現れた女性の霊は家の地下を調べろとアリッサに訴えかけてくる。

・アリッサは、地下で猫の死骸や人間の頭部を発見する。

・そこへ隣人のデビッドという老年の男性がやってきてアリッサに襲い掛かる。

・ここで、デビッドはアリッサの祖父・ジミーと共謀して女性をターゲットにした快楽殺人を何度も行っていたことが明らかになる。

・アリッサはデビッドを何とか倒し、霊も成仏したかのようにどこかへと去っていった。

感想

・祖父の家がやばいところだった

亡くなった祖父の家を引き継ぐことになった女性がその家で恐ろしい霊体験に見舞われて、その真相に迫っていく心霊ホラー映画。

アリッサが亡くなった祖父の家で寝泊まりをするようになって、その家の違和感に次第に気づき始める・・・というのが導入部分。

不気味な写真、黒く濁った風呂の水、逃げ出す配管業者、何かを探していたらしい生前の祖父・・・などなど不穏さを感じる描写がちりばめられ、雰囲気作りはなかなかいい。

祖父の家で感じる違和感からアリッサが祖父が生前に行っていた「何か」を探っていくミステリーテイストであったりもします。そこから幽霊なんかも登場して心霊ホラーとしてちゃんとビビらせてくれるし、そのあとのオチの部分ではテイストがまた変わったりと、最後まで展開が目まぐるしく変わって飽きない作品になっています。

・家自体が怖い

ここまではざっくりと概要を語ってきましたが、本作は最大の特徴はやはり舞台となる家自体の怖さだと思います。ジャケットを見ると、近日リリース予定の「事故物件 恐い間取り」を意識したと思われる「事故物件」押しの売り文句が載っていますが、本作の家はかなり怖いのでこれは納得の売り文句。 本作の製作国はアメリカで舞台もアメリカ(おそらく)ですが、舞台となる家はあのバカでかく芝生の管理も行き届いていて…というみんなが想像するザ・アメリカンな家とはまた違います。丘に建つ家ということで庭は傾斜していて不安定感があり、芝生も生えておらず土がむき出しで雑然とモノが置かれているのでどこか寒々しさを感じます。玄関を入ってすぐ下りの階段で降りた先がリビングとなっていてこのつくりもなんだか嫌な感じを醸し出しています。これらの緻密な舞台設定がまだ何も起こっていないのに不吉な家であることを観客に刷り込みます。

・霊もちゃんと怖い

家も怖いけど霊もちゃんと怖いです。さっき言った玄関とリビングをつなぐ階段の下から手がスーと伸びてきて・・・という場面、見た方なら共感いただけると思いますがここはもうマジでビビってしまいました。この後ホテルに避難するもそちらにも霊がやってくるというどこにも逃げ場がないキツさもいいですね。主人公が時折見るフラッシュバックシーンもなかなかの恐怖感がありました。

まとめ

アメリカ映画の「呪われた家」モノとは違う、異質な作品という感じでかなり良かったです。家のつくりに非常にこだわりを感じした。 霊が登場する場面はちゃんと怖いのですが、登場シーン自体は非常に少ないので、もっと霊がたくさん出てほしいという方には物足りなく感じるかもしれません。家自体を怖いものとして描くホラー演出には大変満足した僕でも、もう少し霊の登場シーンは増やしてもいいんじゃない?と思ったりもしました。

あとは良かった点として主人公の声質が独特でそこもまた嫌な怖さがあった点も個人的に付け加えておきたい…。

というわけで評価は9/10点としました。

コメント