「アンシンカブル 襲来」映画感想(ネタバレ)しっかりドラマがあるパニックアクション映画!

アンシンカブル 襲来(字幕版)
アンシンカブル 襲来(字幕版)

「アンシンカブル 襲来」は2018年のスウェーデン映画。監督は多数のショートフィルムを手掛けてきたビクター・ダネル。主演のアレックスを演じたのはスウェーデンのテレビドラマに多数出演しているクリストファー・ノルデンルート。

結末までのネタバレを含むのでご注意ください。

作品情報

監督:ビクター・ダネル

キャスト
クリストファー・ノルデンルート
リサ・ヘンニ
ジェスパー・バークセリウス

原題:Den blomstertid nu kommer

製作年:2018年

製作国:スウェーデン

配給:[MDGP]上映委員会

上映時間:129分

あらすじ

スウェーデンの田舎町バンニャに住むアレックスは、ケンカばかりの両親にうんざりしていた。そんな彼にとって初恋の女の子アンナとのデートが唯一の幸せな時間だったが、母の失踪を機にアレックスは町を出ることになってしまう。数年後、作曲家として成功したアレックスは、母の葬式に出席するため久々に故郷を訪れる。同じ頃、首都ストックホルムでは何者かによる爆破事件が多発。政府は厳戒態勢を敷いたものの、謎の攻撃は国中に広がりパニックは拡大していく。故郷でアンナと再会を果たしたアレックスのもとにも、その脅威が迫り……。

感想

※結末までのネタバレを含むのでご注意ください

ジャケットと実際の内容の差が激しい映画

このブログのタイトルにもなっている通り普段ジャケット(とタイトル)のぱっと見の印象で観る映画を決めています。あらすじや予告編などはほぼ見ず、事前に映画の情報をできるだけ絞っています。本作もそういう方針でレンタル・鑑賞したわけですが、この映画に関してはこのスタイルが吉と出たと感じました。本作はビデオ屋でジャケットを見て宇宙人が地球を襲うSFだろうと思ってレンタル。また、クオリティ自体そこまで高くないB級感あふれる作品に違いないとあまり期待していませんでした。しかし、実際に観てみると宇宙人侵略ものではありませんでした。そして、しっかりとしたドラマが描かれたまじめな映画でした。VFXの出来もよく気合を感じます。観る前に想像していた内容と実際の映画が全然違っていてそのギャップがいい方向に働いてくれたようです。かなり、面白く鑑賞することができました。

スポンサーリンク

簡単に言うとある日突如街が何者かに襲撃され、それに主人公が巻き込まれていくという内容です。ただ、話の主軸となるのは主人公と家族の関係や初恋の相手に対する後悔などでその騒乱自体は主人公とその父や初恋の相手をつなぐ役割となっています。最初の30分ほどは家族に八つ当たりする父親とその家族のお話。基本的には家族思いの父親がふとした瞬間に怒りを爆発させる様子が描かれています。そのなかに、主人公がクリスマスプレゼントにギターを母にねだり、それを聞いていた父が甘やかすなと怒るシーンがあります。一度はそうやって怒った父でしたが実はこっそり手作りでギターを作り息子にプレゼントする予定でした。しかし、母親がずっと貯めてきたお金で買ったギターを先に息子に渡し、それを見た父親が激怒…。観ているのがいたたまれないキツイシーンになっています。父親役の演技も上手くリアル感があり、重厚なドラマに仕上がっていました。30分辺りからは駅で大規模な爆発が起き襲来がジワジワと始まります。この爆発事件をきっかけに主人公とその初恋の相手が久しぶりの再会を果たし、いい関係に…。ゆったりとしたドラマパートが続くので人によっては早く敵の襲来始まんねえかなと退屈に感じる場合もあるかもしれません。ただ、個人的には不思議と飽きずに観ていられるという感じでした。その後はやっとドラマパートを抜け、車が次々と事故を起こすパニックシーンに移行。はじめはなぜ人々が事故を起こすのかという説明をしないので「いったい何が起こっているんだ?!」という不安感・ワクワク感がどんどん増していきます。車のクラッシュもド派手で見ごたえがあります。そして、車が事故を起こす原因もわかり、いよいよ敵の襲来。主人公の父がひとりで敵と戦うシーンはアクション映画として普通によくできていてとても盛り上がります。まぁ敵といっても特定のボスがいてそいつを倒したら終わりというわけではなく、あくまで着地は主人公の後悔の話へと進んでいきます。自分の人生を思い返してあの時ああすればよかったとかいろいろと考えてしまう映画でした。

スポンサーリンク

総評

ジャケットから予想していた映画と全然違った映画!今回はそれがプラスの効果を生んで、ほかの人よりも何倍か楽しめたかもしれません。そのため評価が高めに出てしまっているかも。というわけで評価は9/10としました。

ストーリー紹介

登場人物

アレックス:スウェーデンの田舎町に住む少年。

ビョルン:アレックスの父。

クララ:アレックスの母で、ビョルンの妻。

アンナ:アレックスと仲のいい少女。

田舎町に住む少年

スウェーデンの田舎町に両親とともに住むアレックス。彼の家庭は父ビョルンのせいで最悪の状態でした。ビョルンは以前、国防に関する仕事をしていたものの現在は変電所での“平凡な仕事”に転職…。そんな現在の仕事が気に入らない彼は妻クララや息子アレックスに当たり散らす日々だったのです。

初恋の相手が引っ越すことに

アレックスには思いを寄せるアンナという女の子がいました。ふたりには楽器の演奏という共通の趣味がありバンドを組もうと約束をしていましたが、アンナが家庭の事情から引っ越しをすることに。引っ越しの当日、アレックスは自分で作曲した曲をプレゼントしようとアンナの家を訪れますが結局楽譜を渡すことができず、ふたりは離ればなれになってしまいました。

母親が家出

時を同じくして、アレックスの母クララがビョルンの態度に耐えきれなくなり家を出ていってしまいます。それをきっかけにアレックスも家を飛び出し、叔父のもとに身を寄せることに。

アンナとの再会

それから月日は流れ、アレックスは作曲家として成功。ライブ演奏のため世界中を飛び回る日々を送っていました。そんなある日、ストックホルムの駅で爆発が起き、その場に居合わせたクララが死亡。その知らせを叔父から聞いたアレックスでしたが、海外でのライブの予定を優先するため母の葬式には出ないと言います。そこをなんとか叔父に説得され、飛行機搭乗前の空き時間に葬式に顔を出すことに。アレックスは葬式で地元に帰ったついでにアンナとの思い出の詰まった教会を訪れました。そこにはピアノを弾くアンナの姿がありました。アレックスはライブの予定をすっぽかし、ひとしきりアンナと遊びます。いい雰囲気になったふたりはクララの家で一晩を共にしました。その後、クララには夫と子供がいたことを知ったアレックス。そのことを黙っていたクララに苛立ち彼女の家を後にしました。

暴走する車たち

アンナの家を飛び出し、雨が降るなか車を飛ばしていたアレックス。しばらく走ったところでいったん車を停め心を落ち着かせているところへ突然、横からトラックが衝突してきます。そのあとやってきた車もまた別の車にぶつかります。この“自動車の暴走”はスウェーデンの各地で起きていました。アンナのことが心配になったアレックスは彼女のもとへ向かいました。

変電所を死守するビョルン

ビョルンは何者かによる破壊行為を早くから察知し、自分の勤める変電所を守るため準備を進めていました。やがて、武装した連中が本当に変電所へ侵入してきます。ビョルンはそれをひとりで一掃し、変電所を守り抜きました。その変電所に大勢の市民が避難してきます。その中にはクララ、そして、アレックスもいました。

車暴走の原因

久しぶりに再会したアレックスとビョルン。彼らは過去のいさかいについて口論を始めます。しばらくして、国から国民に対し一連の騒乱に関するラジオ放送が始まります。それによると、何者かが生物兵器を雨に混入し、浴びてしまうと記憶喪失を引き起こすといいます。

ビョルンを殴る

アレックスたちのいる変電所に敵のヘリが二機やってきているという情報が入ってきます。ビョルンは市民を教会へ避難させることに。その誘導役をアレックスに頼みますが、本人はそれを拒否。言い争いになりアレックスがビョルンを気絶するほど殴ってしまいます。

敵のヘリが襲来

アレックスはビョルンをその場に残し他の市民たちと教会へ向かいます。しかし、その途中で敵のヘリが襲来。アレックスはヘリから狙いをつけられしつこく追い回されます。そこへ、ヘリに体当たりをしようとする小型機が現れました。乗っていたのはビョルンでした。ビョルンの小型機にぶつかられたヘリは墜落。小型機もビョルンの自宅へ突っ込んで炎上。ビョルンは奇跡的に生きていましたが、燃え盛る家から出てくる気力が残っていないようでした。その姿を見たアレックスはそ個から立ち去り、教会へと向かいました。天井が崩れ落ち雨が降りこむ中、アレックスはアンナに向けて昔渡しそこなった曲をピアノで弾き始めました。彼は雨を浴び続けたことで次第にアンナの記憶が薄れていきました。

おわり

(参考サイト:Amazon/映画.com

ゲオ宅配レンタル

メリー・ポピンズ リターンズ 4K UHD MovieNEX [4K ULTRA HD+ブルーレイ+デジタルコピー+MovieNEXワールド] [Blu-ray]
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 (2019-06-05)
売り上げランキング: 194

コメント