【2020年】6月リリースの新作からつまらなかった映画を紹介します!

2020年6月の新作リリースの中からこれはアカンやつや!というつまらない映画をピックアップして軽く紹介します。

6月に鑑賞済みの新作映画は以下の通りです。

エスケープ・ルーム
SNS殺人動画配信中
アルティメットソルジャー
Ms.パニッシャー
スピード・キルズ
ワールドエンド・サーガ
アンダーワールド新種襲来
ビューティフル・カップル 復讐の心理
残された者 北の極地
アルティメットソルジャー
グッド・シリアルキラー
スパロークリーク 野良犬たちの長い夜
トランジット17 第17区
ブレイブ 都市消滅
リバースオブブリッツ
ザ・パラサイト 寄生する獣
プライス 戦慄の報酬

ちなみに面白かった映画は個別記事を書く予定です。あと、人によっては楽しめる、とか、全体的にはダメだけど面白いところもあった惜しい映画は後日、この記事のように一気にまとめて紹介するかもしれません。

というわけで6月の新作ツマラナイ映画紹介、いってみましょう。

SNS殺人動画配信中


10代の少女ふたりがお泊り会をする、と。親も出張かなんかで家にいないのをいいことに背伸びしたい年ごろなのか少し悪いことをしてみたり、まぁはしゃぎまくるわけですが、内容はほぼそれだけです。ただはしゃいでいるだけ。後半では一応事件めいたものも起きますがこのあたりの脚本もグダグダで何がしたいのか全くわかりません。これは見てはいけません。

アルティメットソルジャー


ある研究所で死んだ人間を生き返らせ、さらに不死身の体とスーパーパワーを与えるナノマシン技術が開発される。その技術で一度死んだ兵士がアルティメットソルジャーとなるんですが、そいつは研究施設から抜け出し、街に出て市民を次々と殺していく、と。それに対して、腕に覚えのあるボディーガードの男が同じ技術でアルティメットソルジャーとなって暴走を続ける兵士の男に立ち向かう話。アクションなんかはまぁ見れるかなという感じで、こういうアクションシーンがずっと続けばそこそこ楽しめるんじゃね?と思いながら見ていたんですが、主人公のボディーガードの男が離婚間近の妻と会ってグチグチやってるんですわ。そういうアクション以外のシーンが結構長くてきついっす。兵士の男との決着も歯切れが悪く、なんとも盛り上がらないオチでした。一昔まえの映画っぽい雰囲気は嫌いではありませんでしたけど。ちなみにジャケットではしゃいだポーズで銃を持っている主人公の男性がいますが、全然雰囲気は真面目な映画です。

トランジット17 第17区


いわゆるゾンビ映画ですね。ゾンビウィルスに抗体を持つ少女をある地点まで連れて行く話です。ゾンビはほぼ登場せず、それぞれ思想が違う組織同士の戦いがメイン。戦闘シーンはカットのつなぎがおかしくてそこが気になって仕方ないし臨場感は皆無、演技が下手なキャラも何人かいて、とにかく全体的にクオリティは低め。ラスボスキャラのあっけなさすぎる死に方も本当にひどい。思わず吹き出してしまいました。

スピード・キルズ


主演はジョン・トラボルタ。ボートレース界の大物「ドナルド・アノロフ」という実在の人物の伝記映画。話のテーマとか人物紹介の仕方とか、至るところでマーティン・スコセッシ味を感じる・・・。が、映画のクオリティとしては雲泥の差。上映しばらくは、ジョン・トラボルタという有名俳優が主演している点、あと、さっき言ったスコセッシスタイルである点から、「よくできた映画っぽい感」をビンビン感じましたが、途中から「あれ、これはヤバいぞ」と。とくに、話の進め方がちょっとね・・・。「ドナルド・アノロフ」のエピソードをあれこれ盛り込もうと欲張りすぎて、話が散漫になり「今なんの話してんの?」と疑問が何回も湧いてくる。怪我した息子とのエピソードの投げやりっぷりとかとてもヒドイ。

ザ・パラサイト 寄生する獣

市民がいつの間にか謎の生物に寄生されていて・・・というよくある感じのSFスリラー映画。謎の生物が密かに人体に寄生し始めていることにいち早く気づいた主人公女性がカメラに向かって寄生の事例を語っていく。全編が映画内のカメラ映像によって構成されたいわゆるPOV映画でもあります。この主人公女性の、おどろおどろしい感じを全面に出した演技がかった喋り方はとても安っぽく、きついっす・・・。この感じの喋り方、既視感あるなと思ったら、夫ともめて事の真相をyoutubeで語っていた松居一代さんを思い出します。

コメント