「クライシス」映画感想ネタバレ(7/10点)悪くは言いづらい優等生的作品

今回は「クライシス」を鑑賞しました。

オピオイドという鎮痛薬による依存症が大きな問題となっているアメリカの姿を3人の視点から描く社会派ドラマ映画。

実録風なのか淡々とした展開が続き退屈さを感じるものの、熱いドラマでもあるのでそこそこ楽しめたという印象。

個人的な評価は7/10点です。

作品情報

監督: ニコラス・ジャレッキー
出演:ゲイリー・オールドマン、アーミー・ハマー、エヴァンジェリン・リリー、グレッグ・キニア、ミシェル・ロドリゲス、ガト・ナドン、ニコラス・ジャレッキー
原題:CRISIS
製作年:2019年
製作国:アメリカ
リリース:2021-08-04
上映時間:119分
映画サイトでの評価:「IMDB」6.1/10点、「フィルマークス」3.2/5点。

ストーリー紹介

ストーリーの流れを知りたい方はこちらをクリックしてください。(ネタバレを含みます)
連邦政府の捜査官ジェイクは、合成オピオイドであるフェンタニルの密造、密売に関わる組織を一斉検挙するため潜入捜査を行っていた。

ジェイクは”マザー”という男が取り仕切るフェンタニルを混ぜた麻薬の製造を行う組織、アメリカ国内でその麻薬を密売するアルメニアギャング、それぞれの信用を地道に獲得していった。

そして、この二つの組織が取引を行う現場に踏み込むときがやってくる。

ある倉庫でジェイクが前金をもってマザー側の麻薬と交換することに。倉庫の外では麻薬取締局が待機していた。

しかし、取引中にマザー側が外に人がいることに気づき、銃撃戦になる。マザーはどこかへと逃走してしまう。

後日、ジェイクはマザーが水上飛行機に乗って逃亡する予定だという情報を得て、現地へと向かう。

現地に着いたジェイクはそこに一人の女性(クレア)がいることに気づく。クレアは車から降りてきたマザーを銃で殺してしまう。

マザーのそばにいた部下がクレアに発砲し、彼女は腕を負傷。その部下をジェイクが撃ち殺す。さらにジェイクは仲間割れが起こったように見せる工作をする。

ジェイクはある部屋の一室にクレアを連れていき傷の手当てを始める。

クレアがマザーを殺した理由。彼女の息子がマザーの密輸ビジネスに加担させられ、その挙句殺されてしまう。クレアはその敵討ちでマザーを殺したのだった。

同じころ、ノースライトという製薬会社によってクララロンという依存性のない鎮痛剤が開発され、今後FDAに認可されれば一般販売されるところまで来ていた。

ノースライトからクララロンの安全性を確かめる実験を請け負っていた大学教授のブラウアー博士は、実験結果からクララロンにオキシコドンの3倍の依存性があることを知る。

彼は、そのことを隠蔽したいノースライトからさまざまな嫌がらせを受けながらもFDAにクララロンの危険性を告発する。

ノースライトはブラウアーを取り込もうと助成金の援助を申し出るが、ブラウアーはそれを拒否。彼は大学を解雇されてしまう。FDAはクララロンの危険性を無視し、認可に踏み切る。

ブラウアーはクララロンが危険な鎮痛剤であると世の中に知らせるため、彼が在籍していた大学がクララロンの研究データを隠蔽したことを世間に公表。

その後、ブラウアーは別の大学で教授として雇われることになる。

感想

・悪くは言いづらいヤツ

オピオイドという鎮痛薬の依存性が大きな問題となっているアメリカの姿を3人の視点から描いた社会派ドラマ映画。

現実にある社会問題を取り扱った作品でエンタメ度は低めになっています。悪くない映画ですが退屈する場面も多いです。

鎮痛剤の密造・密売組織に潜入捜査を行う男(ジェイク)、鎮痛剤がらみで死んだとされる息子の死の真相を追う母親(クレア)、認可前の鎮痛剤に危険性があることを知り告発しようとする大学教授(ブラウアー)。この3人の視点からストーリーが語られていきます。

ジェイクとクレアの物語は途中からつながっていきますが、ブラウアーは単体の物語になっています。

現実の問題を取り扱った作品らしく、非常に落ち着いた語り口というか…。あえて、盛り上がりを抑えた作りでエンタメ度は低めになっています。たとえば、潜入捜査モノでよくある自分が捜査官であることが相手のギャングにばれるかどうかをめぐるサスペンスもないし、バイオレンスな描写もほぼなし。クレアの息子が死んだといっても実際に殺されるシーンもなし。クライムアクション的な内容を想像している方はガッカリするかもしれません。

キャラの掘り下げはしっかりしているという印象で、ジェイクには薬物依存の妹がいて、彼が麻薬組織を壊滅させたいという強い思いが伝わってきますし、クレア自身もオキシコドンの中毒者でそのオキシコドンの過剰摂取で死んだとされる息子の死の真相を探る姿は鬼気迫るものがあります。僕が特に良かったとおもったのは、ブラウアーの話。彼が巨大な製薬会社に立ち向かっていく姿はやはり胸が熱くなります。大学を解雇された彼が別の大学で働くことになったというラストシーンは思わずウルっと来てしまいました。

ただ、3人それぞれの物語が並列して語られていくため、展開にぶつ切り感があり、感情がそのたびにぶつ切りにされてしまうのは難点かなと思います。

まとめ

マジメな題材を扱ったエンタメ度低めの社会派ドラマ映画という感じ。

現実の社会問題を扱った映画で、その問題について知ることができたのは良かったと思いますが、エンタメ度が低いために退屈な作品であるのも事実。

メキシコとアメリカの国境間で起こる麻薬戦争映画はよく見ますが、カナダ、アメリカ国境でのこういう話は珍しいかもしれませんね?

ミシェル・ロドリゲスが結構なチョイ役だったのも驚きだったので、ここに記しておきます。

というわけで評価は7/10点としました。

コメント