「ゾンビ・オア・ダイ」映画感想ネタバレ(5/10点)ゾンビまだ?

今回は「ゾンビ・オア・ダイ」を鑑賞しました。

ある夫婦が武装組織から逃れてたどりついた穴で、必死のサバイバルを繰り広げるゾンビホラー映画。

ゾンビがなかなか登場せず退屈な作品になっています。

個人的な評価は5/10点です。

作品情報

監督:レック・リバン
出演:エイゼル・ユスボバ、ムバリス・サマドフ、パービス・イズメイラブ
原題:Aporia
製作年:2019年
製作国:アゼルバイジャン
リリース:2021-08-04
上映時間:86分
映画サイトでの評価:「IMDB」4.7/10点。

ストーリー紹介

ストーリーの流れを知りたい方はこちらをクリックしてください。(ネタバレを含みます)
大勢の市民が謎の武装組織に捕らえられ、何らかの注射を打たれたうえで、ある丘に連れてこられる。

武装組織はチャンスをやると、そこで市民を解放。しかし、逃げる市民をうしろから銃で撃って殺してしまう。

多くの市民が死んでいくなか、エシュラとアルヴィンの夫婦は銃撃をかわしていく。しかし、あとすこしで逃げ延びられそうというところで、深さのある長方形の穴に落下してしまう。その穴には他の市民もいたが、武装組織に見つかり殺されてしまう。エシュラたちは穴の死角に隠れ何とかやり過ごすことに成功する。

武装組織がいなくなったあとにエシュラたちは地上に出ようとするが穴があまりにも深かったため這い上がることができない。ふたりは、何日も水だけを飲んで何とか命をつなぐことになる。

そんなある日、穴にあった市民の死体が生き返りエシュラたちに襲い掛かってくる。何とか倒すことに成功。そこで武装組織に打たれた注射が人をゾンビ化するものだったことを知る。

エシュラは自分の注射跡をアルヴィンに確認してもらうが、アルヴィン曰く感染は免れているようだという。一方、アルヴィンの注射跡を見たエシュラは彼が感染していることを確信する。しかし、そのことをアルヴィンに言うことはできないでいた。

その後、エシュラたちがいる丘で大雨が降り始める。穴の水位が上昇し始めたのを利用してふたりは穴から這い出ようと試みる。エシュラはアルヴィンの力を借りて這い出ることに成功するが、アルヴィンは注射の影響で容態が悪くなっていてそのまま水の中に沈んで行ってしまう。

エシュラは、地上を徘徊するゾンビたちと戦いながら、道路に出てそこを通りかかったトラックに助けを求める。

しかし、トラックに乗っていたのは例の武装組織の男たちで、エシュラは捕まってしまう。男たちはエシュラの注射跡を見て陽性だと言う。実は、エシュラもゾンビウイルスに感染していたのだった。アルヴィンがエシュラに対して感染していないと告げたのは彼なりの心遣いであった。

エシュラはすでにゾンビ化した人間が乗せられたトラックの荷台に放り込まれてしまう。

感想

・ゾンビどこ?

ある武装組織に殺されそうになった夫婦が大きな穴に落ち、そこから這い上がろうとするが・・・というゾンビホラー映画。

ゾンビがなかなか登場しないゾンビ映画。

序盤は、車で胴体真っ二つとか、逃げ惑う捕虜たちを後ろから銃殺とか楽しいのですが、そのあとが退屈極まりなくて・・・。銃撃を何とか逃れた夫婦が穴に落ちてしまい、そこからから這い上がろうともがくワンシチュエーションのサバイバルシーンがひたすら続きます。ゾンビが出てこなくてもサバイバルシーンが面白ければいいのですが、「木と布で作った道具で穴から出ようとするが落下してすねをすりむく」とか、「雨が降ってきて溺れないように穴の中のちょっと高い場所に身を寄せる」とか、そういう地味目なシーンしかなくて白目をむいてしまうほどの退屈さです。雨が降ってくる場面に関しては、どちらかというと助かるためのチャンスとしてとらえて穴から這い上がろうと試みるのが普通じゃないか?で、実際そのあとの雨では水位上昇に合わせて穴を上ろうとする描写があるわけだし。なぜ一回目の雨では、ただ怖がるだけなのか?

上映時間がかなり経ってからいよいよゾンビが登場。このあたりからは「身内が次第にゾンビに変異していく恐怖感」が描かれていてなかなか良かったかなと思います。せっかくなら「地上をうろつくゾンビが穴に落ちてきて一波乱」みたいなシーンがあればもっと良くなったと思いますが。

まとめ

ゾンビが登場するまでが激長いゾンビホラー映画。

序盤の一連の暴力的な描写はワクワクするのですが、それ以降が退屈であまりお勧めはできない作品です。

ワンシチュエーションサバイバルの部分でもっとゾンビをたくさん出してくれたらそこそこ退屈せずにみられる映画になったと思いますが。

というわけで評価は5/10点としました。

コメント