「悪霊館」映画感想(ネタバレ/解説)あまり怖くない悪魔払いホラー

悪霊館 [DVD]
悪霊館 [DVD]

「悪霊館(Along Came the Devil)」は2018年のアメリカ映画。似たタイトルで「悪霊館 ダークネス・ライジング(Darkness Rising)」という作品がありますが全くの別物です。

結末までのネタバレを含むのでご注意ください。

作品情報

監督:ジェイソン・ドゥバン

キャスト
シドニー・スウィーニー
カイラ・ディーバー
ジェシカ・バース
ブルース・デイビソン
マディソン・リンツ

原題:Along Came the Devil

製作年:2018年

製作国:アメリカ

配給:アットエンタテインメント

上映時間:89分

参考サイト映画.com

あらすじ

幼い頃に母が失踪し、父と暮らしてきた姉妹ジョーダンとアシュリー。酒に溺れ荒んだ暮らしを送る父のもとで、姉妹は心に傷を抱えたまま成長していく。高校生になったアシュリーは、徐々に霊的な存在を身近に感じるように。一緒に暮らす叔母タンヤは、そんなアシュリーを心配しつつ見守っていた。そんなある日、アシュリーは母に会いたい一心で、友人と一緒に母の霊を呼び出そうとするが、現れたのは恐ろしい力を持つ邪悪な存在だった。(映画.com

感想

※結末までのネタバレを含むのでご注意ください

悪魔払い映画としては良い出来ではない

まず、本作は名前がまるかぶりの「悪霊館 ダークネス・ライジング(Darkness Rising)」とは全くの別物です。10年前の作品とかぶるならわかりますが昨年リリースの作品とかぶらせるのは珍しい…とおもっていましたが、もう一組「ビハインド・ザ・ウォール 呪縛館」と「フォービドゥン/呪縛館」がありましたね。このふたつもお互いに全然つながりのない作品です。

スポンサーリンク


さて、内容の方ですが、正直あまり面白くありません…。まず、冒頭の字幕が上手くなくさっそく嫌な予感がします。字幕で語られるのは幼少期の主人公のこと、そしてその主人公が成長し高校生になった『現在』のこと。しかし、その後始まる本編では主人公の幼少期が描かれます。字幕で『幼少期⇒高校生時代』と進んだのに本編でもう一回幼少期の話から始めるのはあんまりうまくないですよね。不必要に混乱してしまいますし…。

肝心の悪魔の姿は全く怖くありません。その見た目はベタすぎる『ザ・悪魔』で、がっかりしてしまいました。悪魔と聞いて一番最初に思い浮かぶものではないでしょうか。ほかの映画で悪魔が登場する場合、観客を怖がらせようともっと不気味な姿にすると思うのですが、本作の場合そういう気持ちは無いように思います。こんな見た目の悪魔が画面にいくら出てきても全く怖くなく退屈してしまいました。終盤は悪魔払いが行われるわけですが、尺は短いし地味で見ごたえはありません。これは余談ですが悪魔払いを行うジョン牧師がただ悪魔にやられていくキャラで悲しかったです。いや、これは完全に私が勝手に想像しただけなので作品の評価とは関係ありませんが…。失礼な話ながらジョン牧師の役者の顔つきが何かをしでかしそうな不穏な感じを醸し出しているので、彼は悪魔と裏でつながっていてのちに主人公に対し立ちはだかるのだろう…とこのキャラが登場した瞬間に思ったのですが、ただの好青年でしたね。先輩牧師の悪魔払いに関する本をジョン牧師が勝手に読んでいてふたりの間にピリついた感じが漂うシーンなんかもあるので、より一層ジョン牧師の悪魔とのつながりを感じさせるわけですが…。しかし、ここはただ先輩牧師が過去に悪魔払いをおこなったことがあることを示すだけのシーンだったという…。

良い点もいくつかあります。やたらと悪魔の口が悪く教会で暴言吐きまくり、悪魔に乗っ取られた主人公の顔が怖い、そして、一番よかったのはパーティで若者たちが怖い話をワイワイと楽しそうにしているというシーン。個人的にこういうシーンが大好きなのでもっと長めに見せてくれてもよかったのですね…。

総評

肝心の悪魔の姿が怖くないので正直あまりおススメはできない映画です。というわけで評価は5/10としました。

スポンサーリンク

ストーリー紹介

登場人物

アシュリー:叔母のターニャと一緒に暮らす女子学生。

ジョーダン:アシュリーの姉。

ターニャ:アシュリー、ジョーダンの叔母。

ハンナ:アシュリーと久しぶりに再会し仲良くなる高校生。

叔母と暮らすことになったアシュリー

アシュリーの幼少時に彼女の母は失踪…。それ以降、横暴な父におびえながら姉のジョーダンと共に成長していきます。月日は流れ、ジョーダンが大学に進学するため下宿することに。残された高校生のアシュリーは母の妹ターニャに引き取られ、昔住んでいた町に戻り暮らすことに。

ハンナとつるむようになったアシュリー

アシュリーは昔友達だったハンナと偶然再開し、また一緒に遊ぶようになっていきます。

家で不可解な出来事が起こるように

自宅にいたアシュリーは超常現象を体験するように。アシュリーはその超常現象を起こしたのは母ではないかと考え、自宅でハンナ付き添いの元、交信を始めます。やがて鏡に何者かの影が映りました。そこへターニャがやってきたため交信をやめハンナは帰っていきました。

悪魔のようなものを見る

アシュリーは自宅で悪魔のような何かを目撃してしまいます。それから次第に体調が悪くなっていきました。

悪魔払いが行われる

礼拝のため教会を訪れたアシュリー。その途中、アシュリーは人が変わったように牧師に対し暴言を吐きます。どうやら彼女は悪魔に憑りつかれたようでした。牧師たちふたりによる悪魔払いが行われます。しかし、アシュリーに憑りついた悪魔には何をやっても効く気配がありません。そのうち一人の牧師が殺されてしまいます。仕方なく、ある建物の牢屋のような場所にアシュリーを隔離することになりました。(おわり)

ゲオ宅配レンタル

コメント