「亜人」映画感想(ネタバレあり)

映画「亜人」観てきました!原作であるマンガ版や、アニメ版は読んだことがありませんが予告トレーラーを見て「おっこれは面白そうだ」と思い、公開日に観に行ってきました!
本作は桜井画門によるマンガ「亜人」の映画版。監督は踊る大捜査線などを手掛けた本広克行。主演はるろうに剣心シリーズの佐藤健、敵役の佐藤は綾野剛が演じています。

 

あらすじ
2017年の東京。研修医の永井圭(佐藤健)はトラックと衝突し死亡するが、その直後、肉体が回復し生還。不死身の新人類“亜人”であることが発覚する。圭は追われる身となり、亜人研究施設に監禁されるが、“帽子”と呼ばれる亜人のテロリスト・佐藤に助けられる。しかし、佐藤は国家転覆計画に加担しない圭を敵視。圭は佐藤の暴走を止めるために立ち上がる。

それでは感想です。※ネタバレあり
映画「亜人」は一言でいうと・・・アクションが最高にかっこくて面白かったです!
出演者のインタビューでの「亜人という題材でしかできないアクションを作り上げた」という言葉のとおり、「亜人は死んでもすぐ生き返る」という性質を生かしたアクションが満載でかなり楽しめました。かっこよくフレッシュなアクションが全編続くのでずっとワクワクしながらテンション高めで観ることができました。ただ、ネット上でほかの方のレビューを読むと原作の設定がかなり削られていて不満と感じる人もいるようです。原作を読んでいない僕も「アクションを見せることに振り切った大胆なつくりだなあ」と感じたぐらいです。主人公である永井圭や敵役の佐藤、その他登場人物がどういうキャラなのか、亜人とは何なのかの説明は最小限に抑えられています。というわけでこの映画の評価は、僕のように「アクションがよかったので楽しめた!」という人と「人物などの描きこみが不足していて楽しめなかった!」という人に分かれるような気がします。

アクションがウリの映画「亜人」。冒頭からのど派手な銃撃アクションシーン、中盤の飛行機によるビル突込みからのSAT対佐藤戦、終盤のIBMを利用しての永井圭対佐藤戦…どれも迫力があって、かつ亜人の死なないという特性をきちんと使ってロジカルに組み立てられたバトルが最高に気持ち良かったです。映画館の大画面で見てよかったなぁと思いました。アクションシーンが終わったと思ったらすぐに次のアクションシーンが始まるのでテンポがものすごくよく、飽きずに観ることができました。上映時間は109分とのことですが2時間半ぐらいあってもよかったなと個人的に思っています。

一方、繰り返しになりますがアクションを見せることに特化したことでものすごく変わったバランスの映画になっていると感じました。主人公である永井圭やその他の人物、亜人の設定の描写はほぼなし。人によっては世界に入り込めず、映画にのれなかったと感じる人もいるでしょう。ただ、役者の演技力のおかげでキャラクターに説得力を持たせることには成功していると思います。特に佐藤を演じた綾野剛の演技が素晴らしい!20年間も政府の亜人研究機関によって人体実験を受けてきた佐藤の狂気が表現できています。その他の俳優も好演していると思いました。予告編を見た印象では漫画原作映画特有(?)の大げさでわざとらしい演技になっているんだろうなと感じていたんですが、玉山鉄二はじめ城田優、川栄李奈など抑えた演技でよかったです。

本作はアクション最高!な映画ですが不満点・疑問点もすくなくありません。
まず厚生労働省ビルでのSATとの対決シーン。厚生労働省ビル跡地でSATを全滅させた佐藤。その後、佐藤はどうやってその場から抜け出したのかが描かれません。SATは倒しても厚生労働省の周りには警官がいたはず。そこが曖昧に省略されていて少しテンションが下がるシーンです。個人的な願望ですが、警察とのカーチェイスシーンなんか用意されていたらなぁと思う次第です。
続いて、毒ガスの扱い問題です。佐藤が毒ガスをとある企業に奪いに来るとわかっていて本物を置いとくか?しかも社長室に。毒ガスを保管してあるあの装置も現実味がなくギャグみたいです。
そして、永井圭が田舎のとある老人にかくまってもらって生活するシーン。本作中では、永井も観客もほっと一息つける癒し場面です。永井の人間性が垣間見れる数少ない場面ではあるのですが、他のシーンとのテンションの落差で正直退屈に感じてしまいました。
次に亜人研究機関の戸崎と亜人であり戸崎のボディーガードでもある下村泉の関係。戸崎が下村に「お前は俺を守れ」と言い、神妙な雰囲気が漂うシーンが何度も繰り返されますがこのやりとりいる…?(追記)原作ではこの二人の関係がしっかりと描かれていてますが、映画ではばっさり省略し妙なやり取りのみが残ってしまった感じです。
最後に、些細なことでありますが、亜人は体がバラバラになって死ぬと、その中の一番大きい肉片から体が再生される設定について。佐藤が毒ガスの保管されている建物に潜入する方法としてこの設定が活かされるのですが(このシーン自体はものすごく恐怖感があって最高!)。この設定が観客に説明されるのは潜入の直前のシーンで佐藤みずからが口で説明する形でとなっています。取ってつけた感があってなんだかなという感じです。個人的にはその設定はもっと前のシーンで、台詞ではなく、描写してほしかった。ただこの佐藤のシーンはラストの永井圭の復活の前振りだという捉え方もできますが。

映画「亜人」。アクションがかっこよく、ワクワクが止まらない上質なエンターテインメント作品になっていてかなり満足しました!佐藤がママチャリに乗りながら歌を歌うシーンと、永井圭が復活してビルのガラスをバリーンと突き破り落下していく異様なテンションのラストをみるため原作マンガを読んでからもう一回観に行きます!

コメント