「ロープ 戦場の生命線」映画感想(ネタバレ/解説)ロープが現地の実情を浮かび上がらせる

「ロープ 戦場の生命線」は2015年のスペイン映画。ベニチオ・デル・トロ、ティム・ロビンス、オルガ・キュリレンコ等豪華な俳優陣が出演しています。

ロープ 戦場の生命線(字幕版)
ロープ 戦場の生命線(字幕版)

結末までのネタバレを含むのでご注意ください。

作品情報

監督:フェルナンド・レオン・デ・アラノア

キャスト
ベニチオ・デル・トロ
ティム・ロビンス
オルガ・キュリレンコ
メラニー・ティエリー
フェジャ・ストゥカン

原題:A Perfect Day

製作年:2015年

製作国:スペイン

配給:レスペ

上映時間:106分

参考サイト映画.com

あらすじ

1995年、停戦直後のバルカン半島。ある村で井戸に死体が投げ込まれ生活用水が汚染されてしまう。それは水の密売ビジネスを企む犯罪組織の仕業だった。国籍も年齢もバラバラの5人で構成される国際援助活動家“国境なき水と衛生管理団”は、死体の引き上げを試みるが、運悪くロープが切れてしまう。やむなく、武装集団が徘徊し、あちこちに地雷が埋まる危険地帯を、1本のロープを求めてさまようが、村の売店でも、国境警備の兵士にもことごとく断られ、なかなかロープを手に入れることができない。そんな中、一人の少年との出会いがきっかけで、衝撃の真実と向き合うことになる・・・。 (Amazonより引用)

スポンサーリンク

感想

ロープを通して現地の状況を浮き上がらせる

バルカン半島のある場所にある井戸から死体を引き上げようとする主人公たち。しかし、作業の途中でロープが切れてしまい代わりのロープを探し始めます。たかがロープではあるのですが現地住民がそれぞれ抱える問題や価値観のせいでどこへ行ってもロープを手に入れることができません。店に行って売ってくれと頼むも「ロープは首を吊るためにある」と売ってもらえなかったり、掲げてある旗についているロープを借りようとするも「旗を降ろすと撃たれてしまう」と借りれなかったり…。ロープを求め、方々に赴くあいだに次第にその地域の状況が浮かび上がってくるという巧みな話運びの映画でした。ロープを探すための移動中にも「地雷が埋められた場所を先に牛を歩かせその後ろをついて歩く女性」がでてきたり、「井戸に死体を投げ込み水を高値で販売する男性」がいたりと、その土地で暮らす人たちの営みが描かれています。厳しい現実を描きながら主人公たちはユーモアたっぷりの軽口を言い合っていますし、音楽もノリノリなロックが流れているので重たい雰囲気には一切ならずものすごく軽く楽しむことができるのも優れている点ですね。

スポンサーリンク

挫折しても前に進む姿が熱い

主人公たちは現地の厳しい現実を前にしながらも手助けできないことにやきもきしています。しまいにはあれだけ苦労してロープを見つけ死体の引き上げようとするも直前で国連軍に中止させられてしまいます。それでもくじけず次の仕事に向かっていく姿は熱くてジーンと来てしまいました。終盤、マンブルゥとビーが井戸の底に降りた際「ここが家で、必要としているしている人たちが家族だ」といった話をするのですが思わずここは泣きそうになってしまいました。

総評

停戦直後の地域の実情を描く手法はさりげないながらもしっかりと心に残るもので丁寧にしっかりと作られた映画だと感じました。作品のトーンが重くなりすぎないよう登場人物たちの軽いやり取りやジョークも織り交ぜられておりバランス感覚に優れた作品でもあります。笑えてしっかり心にもジーンと来る、かなりおススメな映画です!というわけで評価は9/10としました。

ストーリー紹介

登場人物

マンブルゥ:“国境なき水と衛生管理団”のまとめ役で井戸からの死体引き上げ作業を行っていたが…。

ニコラ:マンブルゥが現地で出会った少年。

井戸に投げ込まれた死体

1995年、停戦直後のバルカン半島。何者かによって死体を投げ込まれた井戸がありました。水は汚染されこのままでは住人たちが利用できません。そこで“国境なき水と衛生管理団”のマンブルゥたちは死体をロープで引き上げる作業をはじめます。しかし、その途中でロープが切れ引き上げは失敗。手持ちのロープはその一本しかなく、別の場所にいた仲間も持っていません…。

ひとりの少年と出会う

車を走らせていたマンブルゥの前に一人の男の子が飛び出してきます。その子(ニコラ)は他の少年たちにボールを取り上げられいじめられている様子でした。ニコラはボールを取り返そうとしますが、少年のうちの一人が銃を取り出し威嚇してきます。そこでニコラを車に乗せ保護することにしました。

ロープを発見

マンブルゥたちがロープを探していることを知ったニコラは自宅にロープがあると言います。ニコラいわく家の犬をつないでいるロープが使えるとのことでその犬を薬で眠らせその隙にロープを回収することに。薬を混ぜたエサをやりますが一向に眠る様子がありません。ニコラがボールが取りに家に入りたいと言い出しましたが、危険だからとかわりにマンブルゥが取りに入ります。そこで男女の首吊り死体を発見。首に巻かれたロープを利用することに。

スポンサーリンク

再び死体引き上げに挑む

マンブルゥたちが井戸の底まで降り死体にロープを巻き車で引き上げます。しかし、その途中で国連軍がやってきて死体の引き上げを中止するよう言われます。彼らいわく管轄権の変更があり、その場で死体の移動が違法になったとのことでした。何とか粘ろうとするマンブルゥたちでしたが兵士にロープが切られ引き上げは中止に。

新たな依頼がはいる

マンブルゥたちのもとに難民キャンプの便所があふれたため対応してほしいとの連絡が入ります。すぐに向かうと返答し、車で現地へと向かいます。

雨が降り死体が浮かんでくる

大雨が降り始めマンブルゥたちが死体引き上げを断念した井戸に水がたまりっていきます。死体が浮かびってきたため現地住民によって井戸から引き上げられました。

解説

ロープは首を吊るためにある?

ある店でロープを購入しようとするも店主がロープは首を吊るために使うもんだといい売ってもらえません。その場では特異なユーモアとして流しますが、その後の場面で夫婦がロープで首をつって自殺している場面が出てきます。店主の発言は外部の人間にとってはただの冗談に聞こえますが、実際は彼の言っていたことは正しかったということになります。

ニコラの家にあった死体は誰?

ニコラの家で男女2人の首吊り死体が発見されます。この2人はニコラの両親のモノだと思われます。ニコラの祖父はニコラに「両親は遠くへと行っている」と話していました。


本作はU-NEXTの31日間無料トライアルに登録することで付与されるポイント(600ポイント)でタダで鑑賞が可能です。(2020年8月31日 23:59まで配信予定)※本ページの情報は2019年3月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。
作品サイト:ロープ 戦場の生命線

ゲオ宅配レンタル

【Amazon.co.jp限定】マーベル アウターケース付き全13巻セット [Blu-ray](期間限定商品)
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 (2018-12-11)
売り上げランキング: 11,653

コメント